サイトについて      連絡先   検索

Windows 10 IME を日本語に切り替えや入力できないときの対処法

はじめに

Windows10 で IME を日本語に切り替えならない時や入力できないときの対処法を紹介します。

「カタカナひらがな」キーまたは「無変換」キーを入力して日本語入力ができるようになります。

IME の状態を切り替えるキーについて紹介します。

  • 目次
    • 日本語入力を有効にする
    • IME を切り替える

日本語入力を有効にする

とりあえずカタカナひらがなキーまたは無変換キーを入力して、日本語入力できるようになると思います。

または [IME] を右クリックし [ひらがな] をクリックしても日本語入力できるようになります。

1

IME の切り替えについて

IME の状態には次の種類があります。

半角/全角キーを入力すると、現在の IME の状態により次の切り替えを行います。

IME の状態がzenka全角カタカナzenei全角英数hanka半角カタカナのときはhiraひらがなになりません。

カタカナひらがなキーを入力するとhiraひらがなに切り替わります。

無変換キーを入力するとhiraひらがなzenka全角カタカナhanka半角カタカナ⇒の順に切り替えられます。ただし、IME の状態がhanei半角英数以外のときだけです。

disable無効のときは、何をしても日本語入力できません。

IME を切り替える

IME の各状態にキー 1 つで切り替える方法を紹介します。

ひらがな

全角カタカナ

全角英数

半角カタカナ

半角英数

ショートカットキー

上記のように IME の状態を切り替えるキーの設定を変更できます。

[IME] を右クリックして [プロパティ] をクリックします。

2

[詳細設定] をクリックします。

3

編集操作の [変更] をクリックします。

4

「入力/変換済み文字なし」の列から変更したい [キー] の欄を選択して [変更] をクリックします。キーが存在しないときは先に[キー追加] から追加できます。

5

そのキーに割り当てる機能を選択して [OK] をクリックします。

選択したときに説明が表示されるので、それで何をする機能なのかわかります。
6

さらに [OK] をクリックして、ショートカットキーを設定できます。

  • 目次
    • 日本語入力を有効にする
    • IME を切り替える