サイトについて      連絡先   検索

Windows 10 プライバシーを守るため個人情報を送信しない

はじめに

Windows10 でプライバシーを守るため、個人情報を送信しない方法を紹介します。

個人情報を作らないことが最大のセキュリティです。できるだけ情報を送信、表示しないようにします。

Windows の大型アップデートがインストールされると、設定が初期化されることがあります。

  • 目次
    • プライバシーを守る
    • ログインのプライバシー
    • 背景のプライバシー
    • 更新プログラムのプライバシー
    • 共有エクスペリエンスのプライバシー

プライバシーを守る

[スタートボタン] をクリックして [設定] をクリックします。

startsetting

[プライバシー] をクリックします。

privacy

ここのすべての項目をオフにし、必要なものだけオンにします。

27

診断 & フィードバック

「Microsoft に送信するデータ量を選択します」から [基本] を選択します。

28

通知

[アプリが通知にアクセスすることを許可する] をオンにします。

アプリからの通知は便利なのでオンにしてもプライバシーは守られます。

5

メール

[アプリがアクセスしてメールを送信することを許可する] をオンにします。

信頼できるアプリのみオンにします。画面の下から個別に設定できます。

6

バックグラウンド アプリ

使用していないアプリでも裏でアップデート情報などを取得できるようにするにはオンにします。

通常はオンのままで問題ありません。使用しないアプリはオフにします。

29

その他の項目

使用しているパソコンのすべてのユーザーでプライバシーを守るには「~へのアクセスを許可する」と表示されている項目の [変更] をクリックします。

30

[オフ] にします。

31

これですべてのユーザーでその項目のプライバシーが守られます。

ログインのプライバシー

[設定] から [アカウント] をクリックします。

account

[サインイン オプション] をクリックします。

14

[プライバシー] をオフにします。

15

背景のプライバシー

[設定] から [個人用設定] をクリックします。

personal

[背景] と [ロック画面] をクリックします。

17

[背景] にスライドショーが設定されていると、自動で「ピクチャ」フォルダの画像が設定されまる。他人に見せたくない画像が入っていないか注意してください。

18

更新プログラムのプライバシー

[設定] から [更新とセキュリティ] をクリックします。

update

[詳細オプション] をクリックします。

10

[配信の最適化] をクリックします。

24

[他の PC からダウンロードを許可する] をオフにします。

25

インターネット上の別のパソコンに更新プログラムを送信および受信するのを無効にできます。

共有エクスペリエンスのプライバシー

[設定] から [システム] をクリックします。

system

[共有エクスペリエンス] をクリックします。

26

[デバイス間で共有します] をオフにします。

23

オンにすると他のユーザーに使用しているアプリが知られることがあります。

  • 目次
    • プライバシーを守る
    • ログインのプライバシー
    • 背景のプライバシー
    • 更新プログラムのプライバシー
    • 共有エクスペリエンスのプライバシー