Windows 11 プロダクトキーの確認とライセンス認証

はじめに

Windows 11Windows 10:選択

Windows11 のプロダクトキーの確認と入力、ライセンス認証について紹介します。

PowerShell から Get-WmiObject コマンドを入力してプロダクトキーを確認できます。

設定 > システム > ライセンス認証 から、プロダクトキーを入力できます。

設定 > システム > ライセンス認証 から、ライセンス認証の状態を確認できます。

詳しくは公式ヘルプの「Windows 11 のライセンス認証を行う」をご覧ください。
  • 目次
    • プロダクトキーを確認する
    • プロダクトキーを入力する
    • ライセンス認証の状態を確認する

プロダクトキーを確認する

ライセンス認証の方法が「デジタル ライセンス」のときなどは、プロダクトキーが表示されないことがあります。ライセンス認証にプロダクトキーの入力が必要ないためです。

次の方法でプロダクトキーを確認する方法を紹介します。

  • PowerShell
  • コマンドプロンプト
  • 設定 (下 5 桁のみ)

PowerShell

[スタートボタン] を右クリックして [Windows ターミナル] をクリックします。

terminal

PowerShell が起動されます。

(Get-WmiObject -query 'select * from SoftwareLicensingService').OA3xOriginalProductKey と入力して Enter キーを入力します。

2

プロダクトキーが存在するなら XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX 形式で確認できます。

コマンドプロンプト

ターミナルの [▼] から [コマンドプロンプト] をクリックします。

3

wmic path softwarelicensingservice get OA3xOriginalProductKey と入力して Enter キーを入力します。

4

プロダクトキーが存在するなら XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX 形式で確認できます。

設定 (下 5 桁のみ)

[スタートボタン] をクリックして [設定] をクリックします。または Win win11key + I キーを入力します。

start-setting

[システム] をクリックします。

s-system

[ライセンス認証] をクリックします。

5

プロダクトキーの下 5 桁だけを確認できます。

6

プロダクトキーを入力する

[スタートボタン] をクリックして [設定] をクリックします。または Win win11key + I キーを入力します。

start-setting

[システム] をクリックします。

s-system

[ライセンス認証] をクリックします。

5

プロダクトキーを変更するの [変更] をクリックします。

8

25 桁の [プロダクトキー] を入力して [次へ] をクリックします。

ネットワークに接続されている必要があります。
9

ライセンス認証されます。

プロダクトキーの入力が必要ないとき

既にライセンス認証されているときは、プロダクトキーを入力する必要はありません。

メーカー製のパソコンには UEFI や BIOS と呼ばれる場所に、プロダクトキーが埋め込まれていることがあります。自動でそれを使用して認証されるため、プロダクトキーを入力する必要はありません。

Windows 11 には「デジタルライセンス認証」と「プロダクトキーライセンス認証」の 2 種類があります。Microsoft アカウントを使用しているときは、アカウントとデジタルライセンスが関連付けられます。Windows 11 を再インストールするときに、そのアカウントでログインするだけでライセンス認証されるため、プロダクトキーを入力する必要はありません。

ライセンス認証の状態を確認する

設定 > システム > ライセンス認証 から、[ライセンス認証の状態] をクリックします。

[ライセンス認証の状態] をクリックします。

  • ライセンス認証されています:Windows はラインセンス認証されています。
  • ライセンス認証されていません:プロダクトキーの入力などで認証が必要です。
7