Windows 11 スリープさせないように設定を解除する

はじめに

Windows 11Windows 10:選択

Windows11 のパソコンを自動でスリープさせないようにする方法を紹介します。

設定 > システム > 電源 > 画面とスリープ から、パソコンを自動でスリープさせないようにできます。同じ画面からディスプレイの電源が切れるまでの時間も変更できます。

スリープを解除して復帰するには、マウスを動かすかキーボードを入力するか、電源ボタンを押します。

  • 目次
    • スリープさせない
    • ディスプレイの電源を切らない
    • スリープを解除する

スリープさせない

[スタートボタン] をクリックして [設定] をクリックします。

start-setting

[システム] をクリックします。

s-system

[電源] をクリックします。

1

[画面とスリープ] をクリックし、「電源接続時に、次の時間が経過した後にデバイスをスリープ状態にする」から [なし] を選択します。

2

パソコンが自動でスリープになるのを解除できます。

ディスプレイの電源を切らない

上記の「電源」画面の「電源接続時に、次の時間が経過した後に画面の電源を切る」から [なし] を選択します。

3

パソコンのディスプレイの電源が切れるのを解除できます。

スリープを解除する

スリープモードを解除するには、マウスを動かすかキーボードを入力するか、電源ボタンを押します。

何をしても解除できないときは、電源ボタンを長押しして強制終了する必要があります。

再起動した後でも毎回スリープから復帰できないときはメーカーに問い合わせします。

スリープを解除できなくなる次の原因を紹介します。

  • マウスとキーボード
  • USB の電源が切れる

マウスとキーボード

マウスとキーボードからスリープを解除できないようにする設定があります。既定では解除できる設定になっているはずです。

[スタートボタン] を右クリックして [デバイスマネージャー] をクリックします。

8

[キーボード] と [マウスとそのほかのポインティングデバイス] の中にある [項目] をダブルクリックします。

複数表示されることがあるので一つずつ操作します。実際に使用しているのはその中の一つです。
9

[電源の管理] タブをクリックし [このデバイスで、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする] をチェックして [OK] をクリックします。

電源の管理タブが表示されないものやチェックできないものは無視します。
10

これでマウスやキーボードを操作してスリープを解除できます。

USB の電源が切れる

マウスやキーボードを USB 接続しているときは、その電源が切れている可能性があります。

エクスプローラーを表示し、アドレスバーの [▼] をクリックして [コントロールパネル] をクリックします。

controlpanel

[ハードウェアとサウンド] をクリックします。

4

[電源プランの編集] をクリックします。

5

[詳細な電源設定の変更] をクリックします。

6

[USB 設定] から [USB のセレクティブサスペンドの設定] をすべて無効にして [OK] をクリックします。

7

これでパソコンを操作していないときに、自動で USB の電源が切れなくなります。