Windows 11 検索インデックスを有効または無効にする

はじめに

Windows 11Windows 10:選択

Windows11 で検索インデックスを有効または無効にする方法を紹介します。

設定>プライバシーとセキュリティ>Windows の検索から、検索インデックスの作成と削除ができます。

インデックスのオプションから、検索インデックスを再構築できます。

サービス から Windows Search サービスを有効または無効にできます。

検索インデックスを作成する

[スタートボタン] をクリックして [設定] をクリックします。

start-setting

[プライバシーとセキュリティ] をクリックします。

s-privacy

[Windows の検索] をクリックします。

1

[クラシック] を選択して [検索場所をカスタマイズする] をクリックします。

2

インデックスのオプションが表示されるので [変更] をクリックします。

3

検索インデックスを作成したい [フォルダ] をチェックして [OK] をクリックします。

[選択された場所の要約] をクリックすると、「選択された場所の変更」のそのフォルダが選択されるので、チェックを外すときに便利です。
4

チェックしたフォルダとサブフォルダの検索インデックスが作成されます。チェックを外すとインデックスは削除されます。

すべての場所

[拡張] を選択するとすべての場所が検索対象になります。

5

インデックスを作成したくないフォルダがあるときは [除外するフォルダーの追加] をクリックして、インデックスを作成しない [フォルダ] を選択します。

[…] から除外するフォルダーを削除できます。

6

すべての場所が検索対象になるためインデックスの作成に時間がかかります。その分負荷も大きくなるので、クラシックから必要なフォルダだけを選択するのをおすすめします。

  • 目次
    • 検索インデックスを再構築する
    • Windows Search を有効または無効にする

検索インデックスを再構築する

設定>プライバシーとセキュリティ>Windows の検索から、[クラシック] を選択して [検索場所をカスタマイズする] をクリックします。

2

インデックスのオプションが表示されるので [詳細設定] をクリックします。

7

[再構築] をクリックします。

8

[OK] をクリックします。

9

インデックスが再構築されます。

新しいファイルが追加されたり、削除されたときは自動でインデックスが作成されるため、通常はこの操作を行う必要はありません。

Windows Search を有効または無効にする

Windows Search サービスを無効にすると次のようになります。

このため Windows Search サービスを無効にする必要はありません。上記の方法で [クラシック] からすべてのフォルダのチェックを外します。これで最小限のインデックスだけ作成されるので、負荷が減ります。

[検索] をクリックしサービスと入力して [サービス] をクリックします。

10

[Windows Search] を右クリックして [プロパティ] をクリックします。

11 12

Windows を再起動すると Windows Search サービスが有効または無効になります。

  • 目次
    • 検索インデックスを再構築する
    • Windows Search を有効または無効にする