サイトについて      連絡先   検索

ワード 2016 スタイルをコピーまたはテンプレートに保存する

はじめに

ワード 2016 のスタイルをコピーまたはテンプレートに保存する方法を紹介します。

他の文書ファイルにスタイルをコピーできます。

既定のスタイルを変更したり、スタイルセットに保存して簡単に切り替えられます。

  • 目次
    • 他の文書ファイルでスタイルを使用する方法
    • スタイルセットを使用する
    • 指定したスタイルをコピーする
    • 既存のテンプレートに保存する

他の文書ファイルでスタイルを使用する方法

スタイルを変更または作成する」で変更や作成したスタイルを、他の文書ファイルで使用する 3 種類の方法を紹介します。

スタイルセットを使用する

現在のすべてのスタイルを保存して、他の文書ファイルで使用できるようになります。

保存する

スタイルを変更したら [デザイン] タブをクリックし、ドキュメントの書式設定グループにあるスタイルセットの [▼] をクリックします。

1

[新しいスタイル セットとして保存] をクリックします。

2

好きな [ファイル名] を入力して [保存] をクリックします。

18

これで現在のスタイルがすべて保存されます。

使用する

他の文書ファイルを開いたら [デザイン] タブをクリックし、ドキュメントの書式設定グループにあるスタイルセットの [▼] をクリックします。

1

ユーザー設定に先ほど保存した [スタイルセット] が表示されているのでクリックします。

[スタイルセット] を右クリックして [削除] をクリックすると削除できます。
3

保存したスタイルに切り替わります。

テーマを使用して配色やフォントを切り替えられます。詳しくは「テーマとスタイルセットについて」をご覧ください。

指定したスタイルをコピーする

現在のスタイルから指定したスタイルを他の文書ファイルにコピーできます。

スタイルを変更している文書ファイルを開いたら [ホーム] タブをクリックして、スタイルグループにある [右下矢印] をクリックします。

4

[スタイルの管理] をクリックします。

5

[インポート/エクスポート] をクリックします。

6

コピー先 (右側) の [ファイルを閉じる] をクリックします。[ファイルを開く] に変わるのでクリックします。

7

ファイルの種類を [すべての Word 文書] に変更し、コピー先の [文書ファイル] を選択して [開く] をクリックします。

8

コピー元 (左側) からコピーしたい [スタイル] を Ctrl キーを押しながら複数選択して [コピー] をクリックします。

9

[すべて上書き] をクリックします。

10

コピー先 (右側) にコピーされたので [閉じる] をクリックします。

11

[保存] をクリックします。

12

コピー先の文書にスタイルがコピーされます。

既存のテンプレートに保存する

ワードの新規ファイルを作成するときに、テンプレートの設定を元にして作成しています。このテンプレートを変更することで、既定のスタイルを変更できます。

[ホーム] タブをクリックし、スタイルグループにある保存したい [スタイル] を右クリックして [変更] をクリックします。

19

[このテンプレートを使用した新規文書] をチェックして [OK] をクリックします。

14

変更がテンプレートに保存されます。

新規ファイルを作成します。

13

保存したスタイルが新規ファイルに反映されています。

テンプレートを元に戻す

次のフォルダのNormal.dotmというファイルがテンプレートです。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Templates
[ユーザー名] は Windows のユーザー名に置き換えてください。
15

すべての Word を閉じた状態でNormal.dotmを削除したり名前を変更します。

Word の文書ファイルを開いてから閉じると、新しいテンプレートが作成されます。

テンプレートの保存場所

[ファイル] をクリックして [オプション] をクリックします。

18

[詳細設定] をクリックし、全般にある [ファイルの場所] をクリックします。

16

[ユーザーテンプレート] をクリックして [変更] をクリックします。

17

ここからテンプレートの場所を変更できます。

  • 目次
    • 他の文書ファイルでスタイルを使用する方法
    • スタイルセットを使用する
    • 指定したスタイルをコピーする
    • 既存のテンプレートに保存する