サイトについて      連絡先   検索

ワード 2016 保護して読み取り専用にする

はじめに

ワード 2016 を保護して読み取り専用にする方法を紹介します。

保護すると編集不可になり、解除するにはパスワードが必要です。一部の範囲のみ編集可能にできます。

保護しないで読み取り専用としてファイルを開くことができます。

  • 目次
    • 保護して読み取り専用にする
    • 一部のみ編集可能にする
    • 保護を解除する
    • 読み取り専用でファイルを開く

保護して読み取り専用にする

[校閲] タブをクリックし、保護グループにある [編集の制限] をクリックします。

14

[ユーザーに許可する編集の種類を指定する] をチェックして [変更不可 (読み取り専用)] を選択します。[はい、保護を開始します] をクリックします。

16

[パスワード] を入力して [OK] をクリックします。パスワードは省略できます。

パスワードを忘れると保護を解除できなくなります。
17

これで保護されます。編集しようとしても入力できません。

18

一部のみ編集可能にする

保護する前に行います。

[校閲] タブをクリックし、保護グループにある [編集の制限] をクリックします。

14

編集を許可する [範囲] を範囲選択します。

7

[すべてのユーザー] をチェックします。

21

その範囲だけ編集可能を示す強調表示されます。これを許可したい範囲に対して繰り返します。

9

保護を開始すると、許可した範囲は編集できます。

10

編集可能な強調表示を解除する

解除するには編集可能な [範囲] をクリックして [すべてのユーザー] のチェックを外します。これを繰り返します。

すべての強調表示をまとめて解除するには [ユーザーに許可する編集の種類を指定する] のチェックを外します。

22

[はい] をクリックします。

23

すべての強調表示が解除されます。

13

保護を解除する

[校閲] タブをクリックし、保護グループにある [編集の制限] をクリックします。

14

[保護の中止] をクリックします。

19

[パスワード] が設定されているときは入力して [OK] をクリックします。

20

保護が解除されます。

読み取り専用でファイルを開く

[ファイル] をクリックします。

28

[文書の保護] をクリックして [常に読み取り専用で開く] をクリックします。

24

ファイルを保存します。

25

そのファイルを開くと読み取り専用で開くか選択できます。

26

読み取り専用を解除する

ファイルを [いいえ] で開きます。[文書の保護] をクリックして [常に読み取り専用で開く] をクリックします。

27

ファイルを保存します。

29

解除されます。

  • 目次
    • 保護して読み取り専用にする
    • 一部のみ編集可能にする
    • 保護を解除する
    • 読み取り専用でファイルを開く