エクセル シートを保護する

はじめに

エクセルのシートを保護する方法を紹介します。

シートを保護するとセルの編集や選択、書式の変更などあらゆる操作ができなくなります。

パスワードをかけて、他の人に解除されないようにできます。

セルをロックするには「セルを保護・ロックする」をご覧ください。
  • 目次
    • シートを保護する
    • 保護を解除する
    • パスワードをかける

シートを保護する

[シート] を右クリックして [シートの保護] をクリックします。

9

または [校閲] タブをクリックし、保護グループにある [シートの保護] をクリックします。

11

「このシートのすべてのユーザーに許可する操作」に [許可したい項目] をチェックして [OK] をクリックします。保護されているセルに対して、チェックした項目だけ操作でき、それ以外は全て禁止されます。

12

許可できる項目一覧:

  • ロックされたセル範囲の選択
  • ロックされていないセル範囲の選択
  • セルの書式設定
  • 列の書式設定
  • 行の書式設定
  • 列の挿入
  • 行の挿入
  • ハイパーリンクの挿入
  • 列の削除
  • 行の削除
  • 並べ替え
  • オートフィルターの使用
  • ピボットテーブル レポートを使用する
  • オブジェクトの編集
  • シナリオの編集

禁止されている操作をすると次のようなメッセージが表示されます。

3

シートを保護すると全てのセルが保護されます。一部のセルを保護しないようにするには「セルを保護・ロックする」をご覧ください。

保護を解除する

[シート] を右クリックして [シート保護の解除] をクリックします。

10

または [校閲] タブをクリックし、保護グループにある [シート保護の解除] をクリックします。

13

パスワードをかける

保護したシートを他の人に解除されないようにするために、パスワードをかけられます。

シートの保護画面の [シートの保護を解除するためのパスワード] を入力して [OK] をクリックします。

14

確認用にもう一度 [パスワード] を入力します。

パスワードを忘れるとシートの保護が解除できなくなります。
15

これでパスワードが設定されました。

シートの保護を解除しようとすると、パスワードの入力を求められます。

16

パスワードを間違えるとメッセージが表示され、シートの保護を解除できません。

17

パスワードが合っているとシートの保護が解除されます。