サイトについて      連絡先   検索

エクセル 2016の使い方

はじめに

エクセル 2016 の基本的な使い方を紹介します。

  • 目次
    • エクセルの使い方

エクセルの使い方

基本操作

7

初めてエクセルを触る方のために基本的な操作方法を紹介します。

詳しくは「エクセルの基本操作」をご覧ください。

セル参照

8

エクセルはセルに入力した値を使って計算できます。どのセルの値を使うか指定することをセル参照と呼びます。

詳しくは「セルの参照の仕方」をご覧ください。

数式

9

1+2のような計算式のことを数式と呼びます。

詳しくは「数式・計算式の入力方法」をご覧ください。

関数

3

合計を求めたり、条件によって処理を分けるのに関数を使用します。関数によって複雑な計算や処理ができるようになります。

詳しくは「関数の使い方」をご覧ください。

表示形式

4

セルには数値や日付、文字列などを入力できます。それぞれの値に最適な表示をするのに表示形式を設定します。

詳しくは「表示形式のユーザー定義の使い方」をご覧ください。

10

データを集計したり、特定のデータを抽出するのに表を作成します。

詳しくは「表の作り方」をご覧ください。

グラフ

6

データを見やすくするためにグラフを簡単に作成できます。

詳しくは「グラフの作り方」をご覧ください。

  • 目次
    • エクセルの使い方