サイトについて      連絡先   検索

エクセル 2016の基本操作

はじめに

エクセル 2016 の基本操作を紹介します。

セルの入力やサイズ変更、コピーと貼り付けやリボンの使い方などを覚えられます。

同じように操作しながらやってみると覚えやすいと思います。

新規作成

エクセルを起動したら [空白のブック] をクリックします。

1

これで新規ファイルを作成できます。

セルについて

一つひとつのマスのことを「セル」といいます。各セルに文字や数字など値を入力します。

2

セルに値を入力するにはその [セル] をクリックします。

3

キーボードで値を入力します。確定するにはEnterキーを入力します。

4

編集するには、その [セル] をダブルクリックします。または、その [セル] をクリックした状態でF2キーを入力します。

5

編集モードになるので、カーソルを移動させて編集できます。

6

入力した文字がセルからはみ出るときは、その [セル] をクリックした状態で、ホームタブにある [折り返して全体を表示する] をクリックしてオンにします。

7

自動的にセルのサイズが調整され、入力した全体が表示されるようになります。

8

または、列や行のサイズを変更します。列の右端や行の下端をマウスでドラッグします。

9

自由にサイズを変更できます。ダブルクリックすると自動的に最適なサイズに調整されます。

10

数値が #### のようになるときは、セルの幅が狭いことを表しています。列の幅を広げると正しい数値が表示されます。

11

セルの中で改行を入力したいときは、編集中にAlt + Enterキーを入力します。

12

コピーと貼り付け

コピーしたい [セル] をクリックした状態でCtrl + Cキーを入力してセルをコピーします。

13

貼り付けたい [セル] をクリックします。

14

Ctrl + Vキーを入力して貼り付けできます。

15

[セル] をマウスでドラッグして複数のセルを選択できます。この状態でCtrl + Cキーを入力してセルをコピーします。

16

貼り付けたい基点となる [セル] をクリックします。

17

Ctrl + Vキーを入力して複数のセルをまとめて貼り付けできます。

18

リボンについて

リボンには多くの機能が詰まっています。それぞれ使い方は違いますが、基本的にはまず [セル] をクリックします。

19

その状態でリボンからタブをクリックして、その中にある [アイコン] をクリックします。

20

それがセルに反映されます。

21

機能によってはオン・オフするものがあります。1 度クリックしてオンになり、もう 1 度クリックするとオフになります。

シートについて

セル全体のことを「シート」または「ワークシート」といいます。初期状態では「Sheet1」という名前のシートが 1 枚あります。

22

シートを追加するには [+] をクリックします。

23

新しいシートが追加されます。

24

[シート] をクリックすると、そのシートのセルが表示されます。

25 26

シートを削除するには [シート] を右クリックして [削除] をクリックします。

27

保存する

Ctrl + Sキーを入力するか、[ファイル] をクリックして [名前を付けて保存] をクリックします。

28

[この PC] をクリックします。

29

保存したい [フォルダ] と [ファイル名] を入力したら [保存する] をクリックします。

[その他のオプション] をクリックするとダイアログを表示できます。

30

エクセルファイルが保存されます。

関連ページ