サイトについて      連絡先   検索

エクセル 2016 文字数をカウントする

はじめに

エクセル 2016 の文字数をカウントする方法を紹介します。

LEN 関数」を使用して文字数を取得できます。

日付や特定の文字の数、複数のセルの文字数の合計を取得できます。特定の文字を含むセルの数も取得できます。

文字数をカウントする

セル「B2」の文字数をカウントするには=LEN(B2)を入力します。

5

特定の文字数をカウントする

AAABBBのような文字列にAが何文字含まれているかカウントする方法を紹介します。数式が複雑なので 1 つずつ解説します。

=(E3-F3)/LEN(C3)
=(LEN(B3)-LEN(SUBSTITUTE(B3,C3,"")))/LEN(C3)
10

セル「B3」に文字列が入っています。セル「C3」に特定の文字を入力しています。

まずは文字列の文字数を取得します。LEN(B3)

次に特定の文字を除いた文字数を取得します。そのために「SUBSTITUTE 関数」を使用して、特定の文字を削除します。SUBSTITUTE(B3,C3,"")この文字数を取得します。LEN(SUBSTITUTE(B3,C3,""))

文字数 - 特定の文字を除いた文字数をします。LEN(B3)-LEN(SUBSTITUTE(B3,C3,""))

特定の文字が 1 文字ならこれで求められます。AA のように 2 文字以上のときは、それを 1 文字としてカウントしたいので割ります。/LEN(C3)

日付やパーセントの文字数を取得する

日付やパーセントなど表示形式が適用されているセルの文字数は正しくカウントできません。

1% の実際の値は 0.01 なので 4 文字としてカウントされます。日付も実際の値は数値なのでその桁数がカウントされます。

6

表示されている通りにカウントしたいときは「TEXT 関数」を使用します。第 2 引数に、表示形式を""で囲って入力します。この関数で 0.01 を 1% という文字列に変換しています。日付も同様にしてできます。

=LEN(TEXT(B3,"0%"))
=LEN(TEXT(B4,"yyyy/m/d"))
7

セルに設定されている表示形式を取得するには、取得したい [セル] を右クリックして [セルの書式設定] から [ユーザー定義] の [種類] をコピーします。

4

表示形式に指定できる項目は次のものがあります。

セルの範囲の文字数を取得する

複数のセルの文字数の合計を取得するには配列数式を使用します。セル「B2」~「B4」の文字数の合計を取得するには、次のように入力します。

=SUM(LEN(B2:B4))
Ctrl + Shift + Enter で確定
8

詳しくは「配列数式、CSE数式とは」をご覧ください。

特定の文字を含むセルの数をカウントする

COUNTIF 関数」を使用して特定の文字が含まれるセルの数をカウントできます。

セル「B2」~「B5」にAが含まれているセルの数をカウントします。

=COUNTIF(B2:B5,"*A*")
9

第 2 引数に含まれる文字を"**"で囲みます。

大文字と小文字を区別しないことに注意してください。A と a を同じ文字としてカウントします。