サイトについて      連絡先   検索

エクセル 2016 年齢計算する方法

はじめに

エクセル 2016 の年齢計算する方法を紹介します。

生年月日から今日で何歳何ヶ月何日になるのかを自動で求められます。

平均年齢を求めたり、年代別の人数を集計する方法も紹介します。

  • 目次
    • 年齢を計算する
    • 平均年齢を求める
    • 年代別の人数を集計する

年齢を計算する

年齢を計算するには「DATEDIF 関数」を使用します。「DATEDIF 関数」は入力候補や関数の挿入には表示されないので手入力します。

=DATEDIF(開始日, 終了日, 単位)

第 3 引数に単位を指定して、日付の期間をその単位で求められます。

単位 説明
"Y"期間の満年数
"M"期間の満月数
"D"期間の満日数
"YM"期間の 1 年未満の月数
"YD"期間の 1 年未満の日数
"MD"期間の 1ヶ月未満の日数

セル「B3」の生年月日からセル「C3」の日付で何歳になるかは、単位に"Y"を指定して計算します。

=DATEDIF(B3,C3,"Y")
9

TODAY, NOW 関数」を使用して、毎日その日時点で何歳になるかを自動で計算できます。

=DATEDIF(B3,TODAY(),"Y")
10

その歳の何ヶ月になるかは、単位に"YM"を指定して計算します。

=DATEDIF(B3,C3,"YM")
11

その歳月の何日になるかは、単位に"MD"を指定して計算します。

=DATEDIF(B3,C3,"MD")
12

平均年齢を求める

AVERAGE 関数」を使用して、平均年齢を求められます。年齢のセルの範囲を指定するだけです。

=AVERAGE(D3:D7)
13

年代別の人数を集計する

COUNTIFS 関数」を使用して、10 代や20 代の人数を集計できます。

=COUNTIFS(B3:B8,"<10")
=COUNTIFS(B3:B8,">=10",B3:B8,"<20")
=COUNTIFS(B3:B8,">=20")
14
  • 目次
    • 年齢を計算する
    • 平均年齢を求める
    • 年代別の人数を集計する