エクセル COUNT 関数:数値のセルを数える

はじめに

エクセルの COUNT 関数の使い方を紹介します。

COUNT 関数は数値や日付のセルの数を数えます。

=COUNT(A1:A3) のようにして、数値のセルの数をカウントできます。

セルの範囲の数値や日付のセルの数を数えたいときに使用します。

複数の条件でセルの数を数えるには「COUNTIFS 関数」を使用します。
文字列かどうかや空白など、特定の値を条件にする方法は「COUNTIF 関数」にまとめています。
  • 目次
    • COUNT 関数の引数
    • 使い方
    • 解説

COUNT 関数の引数

COUNT(値1)
COUNT(値1, 値2 …)
すべてのから数値のセルの数を数えます。

引数「値」セルの範囲を指定します。

使い方

COUNT 関数の使い方を紹介します。

セルの数を数える

セルの範囲「B2」~「B4」のセルを数えます。文字列はカウントされません。

=COUNT(B2:B6)
5

複数の範囲のセルの数を数える

セルの範囲「B2」~「B4」と「C2」~「C4」のセルを数えます。TRUE や FALSE、空のセルはカウントされません。

=COUNT(B2:B4, C2:C4)
6

非表示のセルを無視して数える

非表示のセルを無視してカウントするには「AGGREGATE 関数」を使用します。

解説

引数「値」の数を数える対象になるのは、数値と日付のセルや値です。日付のセルは表示形式が日付なだけで、実際の値は数値なのでカウントされます。

それ以外の文字や数字、TRUE や FALSE、空のセルなどはカウントされません。

count
空のセル以外をカウントするには「COUNTA 関数」を使用します。
好きなものを対象にしてカウントするには「COUNTIF 関数」をご覧ください。