サイトについて      連絡先   検索

エクセル COUNT 関数:数値のセルを数える

はじめに

エクセルの COUNT 関数の使い方を紹介します。

COUNT 関数は数値や日付のセルを数えます。

セルの範囲の数値や日付のセルの数を数えたいときに使用します。

  • 目次
    • 構文
    • 使用例
    • 解説

構文

COUNT(値1)
COUNT(値1, 値2 …)
すべてのから数値のセルの数を数えます。

引数「値」セルの範囲を指定します。

使用例

セルの範囲「B2」~「B4」のセルを数える。

数値と日付のセル「B2」と「B3」がカウントされます。

=COUNT(B2:B6)
3

セルの範囲「B2」~「B4」と「C2」~「C4」のセルを数える。

空白、文字列、論理値などのセルはカウントされません。

=COUNT(B2:B4, C2:C4)
4

解説

数値のセルのみカウントされます。日付のセルは表示形式が日付なだけで、実際の値は数値になっているのでカウントされます。

それ以外の文字や数字、論理値などはカウントされません。次のものはカウントされません。

この中の好きなものをカウントするには「COUNTIF 関数」を使ってそれを条件に含めます。詳しくそちらのページをご覧ください。

  • 目次
    • 構文
    • 使用例
    • 解説