エクセル INT 関数:数値から整数を取得する

はじめに

エクセルの INT 関数の使い方を紹介します。

INT 関数は少数を含む数値の整数を取得します。

1 に小数があるときは 1 を取得します。

-1 に小数があるときは -2 を取得します。

=数値-INT(数値) のようにして、小数を取得できます。

-1 に小数があるときに -1 になるようにするには「TRUNC 関数」を使用します。
四捨五入や切り捨てする方法は「四捨五入や切り捨て、切り上げする」をご覧ください。
  • 目次
    • INT 関数の引数
    • 使い方
    • 解説

INT 関数の引数

INT(数値)
数値の整数を取得します。

引数「数値」数値を指定します。スピル化

スピル化:セルの範囲や配列を指定すると結果が「スピル」します。

使い方

INT 関数の使い方を紹介します。

正の値から整数を取得する

0.0 ~ 2.0 までの値から整数を取得します。

=INT(B3)
9

負の値から整数を取得する

-2.0 ~ 0.0 までの値から整数を取得します。

=INT(B3)

小さい方の整数に丸めるため -1.1-2 になります。

10

小数を取得する

値の小数を取得します。

=B3-INT(B3)

負の値の小数を取得すると間違った値になります。正しい値を取得するには「TRUNC 関数」を使用します。

11

解説

引数「数値」の小数を数値が小さい方へ丸めます。

引数「数値」が正の値のとき 1 に小数があるときは 1 を返します。

引数「数値」が正の値のとき 1 なら 1 を返します。

引数「数値」が負の値のとき -1 に小数があるときは -2 を返します。

引数「数値」が負の値のとき -1 なら -1 を返します。

引数「数値」が文字列のときはエラー #VALUE! になります。

TRUNC 関数との違い

特別な理由がない限り整数を取得するには INT 関数を使用します。

TRUNC 関数」を使用しても、整数を取得できます。負の値に小数があるときに違いがあります。

INT 関数

  • -1 に小数があるときは -2 を返します。
  • -1 なら -1 を返します。

TRUNC 関数

  • -1 に小数があるときは -1 を返します。
  • -1 なら -1 を返します。
12

整数の判定

=B3=INT(B3) のように入力して、整数か判定できます。TRUE なら整数のみです。FALSE なら小数ありです。

商と余りを求める

割り算の商を INT 関数で、余りを「MOD 関数」を使用して求められます。

MOD(数値, 除数) で求められる余りの式は次のようになっています。

数値 - 除数 * INT(数値 / 除数)
13

時刻を切り捨て

日付の実際の値は数値です。整数が日付を表し、小数が時刻を表しています。

整数を取得すると、日付を取得できます。

小数を取得すると、時刻を取得できます。

=INT(B3)
=B3-INT(B3)
14