エクセル ISERROR 関数:セルの値がエラーか判定する

はじめに

エクセルの ISERROR 関数の使い方を紹介します。

ISERROR 関数はセルの値や数式がエラーか判定します。エラーなら TRUE を返します。

=ISERROR(A1) のようにして、セルがエラーなら TRUE になります。

=IFERROR(数式,"") のようにして、数式の結果がエラーなら空文字 "" を表示できます。

COUNTIFS 関数」などでエラーをカウントできます。

エラーになるときに別の値を表示するには「IFERROR 関数」を使用します。
  • 目次
    • ISERROR 関数の引数
    • 使い方
    • 高度な使い方
    • 解説

ISERROR 関数の引数

ISERROR()
がエラーのときに TRUE を返します。それ以外のときは FALSE を返します。

引数「値」数値、文字列、セル参照、関数などを指定できます。スピル化

スピル化:セルの範囲や配列を指定すると結果が「スピル」します。

エラー一覧

エラー名 内容
#DIV/0!0 で割り算している=5/0
#N/A検索関数で検索対象が見つからない=VLOOKUP("キーワード", …)
"キーワード" が見つからない
#NAME?関数名や定義した名前が間違っている=SUN()
#NULL!セルの範囲指定が間違っている=SUM(A1 B1)
#NUM!エクセルや関数の数値の範囲を超えている=LARGE(B1:B3,5)
順位の範囲は 1 ~ 3 に対して 5 を指定している
#REF!参照しているセルや行や列が削除された=B2
セル「B2」や行「2」や列「B」を削除する
#SPILL!スピルの範囲に値が入力されている={1,2}
をセル「A1」に入力したときにセル「B1」に値を入力している
#VALUE!関数の引数に間違った型を指定している=SUM("エクセル")

使い方

ISERROR 関数の使い方を紹介します。

エラーか判定する

セル「B3」がエラーか判定します。

=ISERROR(B3)
=ISERR(B4)
=ISNA(B5)

ISERR 関数」で #N/A 以外のエラーか判定できます。

ISNA 関数」でエラー #N/A か判定できます。

6

値を判定する

数値や文字列などの値を判定します。エラー以外の値はすべて FALSE になります。

=ISERROR(B3)
8

高度な使い方

ISERROR 関数と他の関数を組み合わせた使い方などを紹介します。

IF 関数でエラーを条件にする

IF 関数」の条件に ISERROR 関数を入力して、数式がエラー #N/A になるときに空文字 "" を表示するには「IFERROR 関数」を使用します。

=IFERROR(B3/C3,"")
9

COUNTIFS 系の関数でエラーか判定する

COUNTIFS 関数」や「SUMIFS 関数」などの関数でエラーか判定します。

=COUNTIFS(B3,#DIV/0!)+COUNTIFS(B3,#N/A)+
COUNTIFS(B3,#NAME?)+COUNTIFS(B3,#NULL!)+
COUNTIFS(B3,#NUM!)+COUNTIFS(B3,#REF!)+
COUNTIFS(B3,#VALUE!)

エラー #SPILL! は判定できません。

条件に エラー値 または "=エラー名" を入力して、そのエラーか判定できます。1 つの関数で 1 つのエラーを判定できるので、複数のエラーを判定するにはそれらを足し算します。

スピル」を使用できるバージョンなら次のように入力できます。

=SUM(COUNTIFS(B4,{#DIV/0!,#N/A,#NAME?,#NULL!,#NUM!,#REF!,#VALUE!}))
10
スピルは 365 または 2021 から使用できます。

セルの範囲にエラーがあるか判定する

セルの範囲にエラーが存在するか判定するには「COUNTIFS 関数」を使用します。結果が 1 以上のときはエラーが存在します。

=COUNTIFS(B5:B12,#DIV/0!)+COUNTIFS(B5:B12,#N/A)+
COUNTIFS(B5:B12,#NAME?)+COUNTIFS(B5:B12,#NULL!)+
COUNTIFS(B5:B12,#NUM!)+COUNTIFS(B5:B12,#REF!)+
COUNTIFS(B5:B12,#VALUE!)

エラー #SPILL! は判定できません。

条件に エラー値 または "=エラー名" を入力して、そのエラーか判定できます。

スピル」を使用できるバージョンなら次のように入力できます。

=SUM(COUNTIFS(B5:B12,{#DIV/0!,#N/A,#NAME?,#NULL!,#NUM!,#REF!,#VALUE!}))
11
スピルは 365 または 2021 から使用できます。

解説

引数「値」がエラーなら TRUE を返します。

引数「値」がエラー以外や値なら FALSE を返します。

iserror
文字列かどうかや空白など、特定の値を条件にする方法は「COUNTIF 関数」にまとめています。