エクセル ISNONTEXT 関数:セルの値が文字列以外か判定する

はじめに

エクセルの ISNONTEXT 関数の使い方を紹介します。

ISNONTEXT 関数はセルの値や数式が文字列以外か判定します。文字列以外なら TRUE を返します。

=ISNONTEXT(A1) のようにして、セルが文字列以外なら TRUE になります。

=IF(ISNONTEXT(A1),"文字以外",A1) のようにして、文字列以外のときに 文字以外 を表示できます。

LEFT 関数」など関数の結果が文字列以外か判定できます。

文字列か判定するには「ISTEXT 関数」を使用します。
数値か判定するには「ISNUMBER 関数」を使用します。
  • 目次
    • ISNONTEXT 関数の引数
    • 使い方
    • 高度な使い方
    • 解説

ISNONTEXT 関数の引数

ISNONTEXT()
が文字列以外のときに TRUE を返します。文字列のときは FALSE を返します。

引数「値」数値、文字列、セル参照、関数などを指定できます。スピル化

スピル化:セルの範囲や配列を指定すると結果が「スピル」します。

使い方

ISNONTEXT 関数の使い方を紹介します。

文字列以外か判定する

セル「B3」が文字列以外か判定します。先頭に ' を付けた値はすべて文字列になります。

=ISNONTEXT(B3)
=ISTEXT(B4)

ISTEXT 関数」で文字列か判定できます。

4

値が文字列以外か判定する

引数「値」に文字列や数値を直接入力して判定します。"" で囲んでいる値はすべて FALSE になります。

=ISNONTEXT("文字")
=ISNONTEXT("")
=ISNONTEXT("1")
=ISNONTEXT(10)
=ISNONTEXT(TRUE)
5

関数の結果が文字列以外か判定する

LEFT 関数」などの文字列を取得する関数の結果が文字列以外か判定します。文字列の数字は数値ではないので、すべて文字列として FALSE になります。数字を数値に変換するには「VALUE 関数」を使用します。

=LEFT(B2,3)
=VALUE(LEFT(B6,3))
=ISNONTEXT(C3)
6

高度な使い方

ISNONTEXT 関数と他の関数を組み合わせた使い方などを紹介します。

IF 関数で文字列以外を条件にする

IF 関数」の条件に ISNONTEXT 関数を入力して、文字列以外のときに 文字以外 を表示します。それ以外のときはその数式の結果を表示します。

=IF(ISNONTEXT(B3),"文字以外",B3)

LET 関数」を使用できるバージョンなら次のように入力できます。

=LET(数式,B4,
IF(ISNONTEXT(数式),"文字以外",数式))
7

解説

引数「値」が文字列以外なら TRUE を返します。

引数「値」が文字列なら FALSE を返します。

'10 のような先頭に ' を付けた値や「LEFT 関数」など文字列を取得する関数の結果は文字列なので FALSE を返します。

isvalue
文字列かどうかや空白など、特定の値を条件にする方法は「COUNTIF 関数」にまとめています。