サイトについて      連絡先   検索

エクセル ROUNDUP 関数:切り上げする

はじめに

エクセルの ROUNDUP 関数の使い方を紹介します。

ROUNDUP 関数は指定した桁数に切り上げします。

少数点第 1 位に切り上げしたいときに使用します。

  • 目次
    • 構文
    • 使用例
    • 解説

構文

ROUNDUP(数値, 桁数)
数値を指定した桁数になるように切り上げます。

引数「数値」数値を指定します。
引数「桁数」切り上げした結果の桁数を指定します。

使用例

セル「B2」を少数点第 2 位に切り上げする。

=ROUNDUP(B2,2)
4

「12.345」を整数に切り上げする。

=ROUNDUP(12.345,0)
5

セル「B2」の整数一桁目を切り上げする。

=ROUNDUP(B2,-1)
6

解説

引数「桁数」に 0 を指定すると、小数点第 1 位が切り上げされ整数になります。

引数「桁数」に正の値を指定すると、小数点以下の桁数に切り上げされます。

使用例 結果
=ROUNDUP(10.123,0)11
=ROUNDUP(10.123,1)10.2
=ROUNDUP(10.123,2)10.13

引数「桁数」に負の値を指定すると、整数の桁数で切り上げされます。

使用例 結果
=ROUNDUP(1234,-1)1240
=ROUNDUP(1234,-2)1300
=ROUNDUP(1234,-3)2000

引数「桁数」に指定した桁数より小さい桁の値が 0 のときは切り上げられません。

使用例 結果
=ROUNDUP(123.0,0)123
=ROUNDUP(123.4,1)123.4
=ROUNDUP(1230,-1)1230
  • 目次
    • 構文
    • 使用例
    • 解説