サイトについて      連絡先   検索

エクセル 2016 SUBSTITUTE 関数:文字列を置換する

はじめに

エクセル 2016 の SUBSTITUTE 関数の使い方を紹介します。

SUBSTITUTE 関数は文字列を置換します。

複数の文字や空白を全て削除したいときに使用します。改行を削除する方法も紹介します。

構文

SUBSTITUTE(置換対象, 検索ワード, 置換ワード)
置換対象の中から見つかったすべての検索ワード置換ワードに置換します。

SUBSTITUTE(置換対象, 検索ワード, 置換ワード, 何番目)
何番目に見つかった検索ワードだけを置換します。

引数「置換対象」置換対象の文字列を指定します。
引数「検索ワード」検索する文字列を指定します。
引数「置換ワード」置換する文字列を指定します。
引数「何番目」省略できます。省略すると全ての引数「検索ワード」を置換します。
何番目に見つかった引数「検索ワード」を置換するか指定します。

使用例

「あ」を「A」に置換する。

=SUBSTITUTE("あいあうあ","あ","A")
4

半角スペースを全て削除する。「あ」と「い」の間は全角スペースです。

=SUBSTITUTE("あ い   う"," ","")
5

2 番目の「あ」を「__」に置換する。

=SUBSTITUTE(B3,"あ","__",2)
6

解説

引数「検索ワード」が見つからなかったときは、何も置換されません。

大文字小文字は区別されて検索されます。

引数「何番目」に指定した数の引数「検索ワード」が見つからなかったときは、何も置換されません。

123[456]789から[]で囲まれた 456 を置換したいときのように、特定の文字の範囲を置換するには「REPLACE 関数」を使用します。

複数の文字を置換する

置換したい文字が複数あるときは、引数「置換対象」に別の「SUBSTITUTE 関数」を入れ子にします。これを繰り返して 2 つ 3 つと置換できます。

「あ」を「A」に、「い」を「B」に置換する。

=SUBSTITUTE(SUBSTITUTE(B3,"あ","A"),"い","B")
7

空白を置換する

TRIM 関数」だと文字と文字の間の空白はすべて削除されません。「SUBSTITUTE 関数」で半角スペースと全角スペースを空文字に置換して削除できます。

=SUBSTITUTE(SUBSTITUTE(B3," ","")," ","")
8

改行を置換する

改行文字は直接入力できないため「CHAR 関数」を使って入力します。CHAR(10)は「ラインフィード」といってセル内の改行文字になります。

=SUBSTITUTE(B3,CHAR(10),"")
9