エクセル UNICODE 関数:文字の Unicode を取得する

はじめに

エクセルの UNICODE 関数の使い方を紹介します。

UNICODE 関数は文字の Unicode (UTF-8 や UTF-16) を取得します。

何の文字が入力されているか調べたいときに使用します。

この関数は 2013 から使用できます。
  • 目次
    • 構文
    • 使用例
    • 解説

構文

UNICODE(文字列)
文字列の先頭の文字の文字コードを取得します。

引数「文字列」文字列を指定します。

使用例

セル「B3」の基本的な文字の文字コードを取得する。

=UNICODE(B3)
1

セル「B3」の Unicode 専用文字などの文字コードを取得する。セル「B8」は空です。

=UNICODE(B3)
2

解説

取得した文字コードは「UNICHAR 関数」の引数「文字コード」と対応しているため、相互変換できます。

引数「文字列」に複数の文字を指定したときは、先頭の文字の文字コードを取得します。

引数「文字列」に空文字を指定したときは、エラー#VALUEになります。

Unicode コードとは、すべての文字を扱える世界標準な文字コードです。

ANSI や JIS コードを取得するには「CODE 関数」を使用します。

「DEC2HEX 関数」と「HEX2DEC 関数」を使用して 16 進数と 10 進数を相互変換できます。

位置を指定する

MID 関数」を使用して好きな位置の文字を取得し、その文字コードを取得できます。

=UNICODE(MID(B3,C3,1))
3
  • 目次
    • 構文
    • 使用例
    • 解説