エクセル UPPER 関数:文字列を大文字に変換する

はじめに

エクセルの UPPER 関数の使い方を紹介します。

UPPER 関数は小文字を大文字に変換します。

abc なら ABC に変換できます。

abc なら ABC に変換できます。

置換するには変換したセルをコピーして「値」として貼り付けます。

小文字に変換するには「LOWER 関数」を使用します。
先頭だけ大文字に変換するには「PROPER 関数」を使用します。
大文字や全角やカタカナなどに変換する方法は「文字列を変換する」をご覧ください。
  • 目次
    • UPPER 関数
    • 使い方
    • 解説

UPPER 関数

UPPER(文字列)
文字列を大文字に変換します。

引数「文字列」文字列を指定します。スピル化

スピル化:セルの範囲や配列を指定すると結果が「スピル」します。

使い方

大文字に変換する

セル「B3」の文字列を大文字に変換します。

=UPPER(B3)
4

文字列を大文字に変換する

abc def を大文字に変換します。

=UPPER("abc def")
2

解説

元々大文字な文字など変換できない文字はそのまま取得します。

小文字の英字 (アルファベット) を大文字に変換できます。それ以外の数字や記号、カタカナや漢字などの文字については変換できません。

のようには変換できません。カタカナは変換されません。

置換

大文字に置換するには、上記の方法で変換した [セル] をコピーして [形式を選択して貼り付け] から [値] を選択します。

3