エクセル VALUE 関数:文字列を数値に変換する

はじめに

エクセルの VALUE 関数の使い方を紹介します。

VALUE 関数は数字や日付の文字列を数値に変換します。

=VALUE("1,000") のようにして、1000 のように文字列を数値に変換できます。

=VALUE("2000/1/1") のようにして、36526 のように文字列を日付の値に変換できます。

=VALUE("1:02:03") のようにして、0.04309 のように文字列を時間の値に変換できます。

文字列を日付や時間に変換するには「DATEVALUE 関数」または「TIMEVALUE 関数」を使用します。
文字列を数値に変換する方法は「文字列を数値に変換する」をご覧ください。
数値を文字列に変換する方法は「数値を文字列に変換する」をご覧ください。
  • 目次
    • VALUE 関数
    • 使い方
    • 解説

VALUE 関数

VALUE(文字列)
文字列を数値に変換します。

引数「文字列」文字列を指定します。スピル化

スピル化:セルの範囲や配列を指定すると結果が「スピル」します。

使い方

数値形式の文字列を数値に変換する

セル「B3」の数値形式の文字列を数値に変換します。

=VALUE(B3)

数値形式の文字列を数値として扱えないものは「SUM 関数」で 0 になります。

9

日付形式の文字列を数値に変換する

日付形式の文字列を数値に変換します。

=VALUE(B3)
10

時刻形式の文字列を数値に変換する

時刻形式の文字列を数値に変換します。

=VALUE(B3)
11

解説

引数「文字列」が日付形式の値なら、日付の実際の値は数値なのでその値に変換します。時間についても同様です。

日時形式の文字列から日付に変換するには「DATEVALUE 関数」を使用します。

日時形式の文字列から時間に変換するには「TIMEVALUE 関数」を使用します。

引数「文字列」が数値にできない文字列のときはエラー #VALUE! になります。

セルの書式設定が文字列になっているとき 100 は数値ではなく文字列です。文字列が数字のみのときは、自動で数値に変換されるのでそのまま計算できます。

6

100円 のように数字と文字列を結合して表示しているとき、それがセルの書式設定の表示形式で 0"円" のようにしているなら、数値として扱うので VALUE 関数を使わなくても数値として計算できます。

7

表示形式を使わないで 100円 と入力したときは文字列です。これを数値として扱うには 100 の部分を「LEFT 関数」や「MID 関数」などを使用して抽出します。

12
文字列を抽出するには「文字列を抽出する」をご覧ください。