エクセル WEEKDAY 関数:日付から曜日を取得する

はじめに

エクセルの WEEKDAY 関数の使い方を紹介します。

WEEKDAY 関数は日付から曜日の値を取得します。1 (日曜) ~ 7 (土曜)

=WEEKDAY("2014/6/1") のようにして、日曜日の 1 を取得できます。

=WEEKDAY(TODAY()) のようにして、今日の曜日を取得できます。

=CHOOSE(WEEKDAY(TODAY()),"日曜","月曜","火曜","水曜","木曜","金曜","土曜") のようにして、今日の曜日を好きな名前で取得できます。

条件付き書式を使用して土曜日や日曜日に色を付けられます。

曜日の表示や色を付ける方法は「曜日に色を付ける」をご覧ください。
月末や数日後の日付を入力する方法は「日付を自動で入力する」をご覧ください。
  • 目次
    • WEEKDAY 関数の引数
    • 使い方
    • 高度な使い方
    • 解説

WEEKDAY 関数の引数

WEEKDAY(日付)
日付の曜日を 1 (日曜) ~ 7 (土曜) の値で取得します。

WEEKDAY(日付, 種類)
日付の曜日を指定した種類の値で取得します。

引数「日付」曜日を取得する日付を指定します。スピル化
引数「種類」省略できます。取得する値の種類を指定します。スピル化

スピル化:セルの範囲や配列を指定すると結果が「スピル」します。

引数「種類」

種類 説明
1 または省略1 (日曜) ~ 7 (土曜) の範囲の値
21 (月曜) ~ 7 (日曜) の範囲の値
30 (月曜) ~ 6 (日曜) の範囲の値
111 (月曜) ~ 7 (日曜) の範囲の値
121 (火曜) ~ 7 (月曜) の範囲の値
131 (水曜) ~ 7 (火曜) の範囲の値
141 (木曜) ~ 7 (水曜) の範囲の値
151 (金曜) ~ 7 (木曜) の範囲の値
161 (土曜) ~ 7 (金曜) の範囲の値
171 (日曜) ~ 7 (土曜) の範囲の値

使い方

WEEKDAY 関数の使い方を紹介します。

12

曜日を取得する

1 (日曜)7 (土曜) の範囲で日付の曜日を取得します。

=WEEKDAY($B5,D$3)

引数「種類」には通常 1 または省略します。

13

高度な使い方

WEEKDAY 関数と他の関数を組み合わせた使い方などを紹介します。

今日の曜日を取得する

今日の曜日を取得します。「TODAY, NOW 関数」を使用して、今日の日付を入力できます。

=WEEKDAY(TODAY())
9

曜日の名前を表示する

日付から曜日の名前を表示します。「CHOOSE 関数」を使用して、曜日の値から好きな名前を表示できます。セルの書式設定の「日付の表示形式の一覧」からも、曜日を表示できます。

=CHOOSE(WEEKDAY(B3),"日曜","月曜","火曜","水曜","木曜","金曜","土曜")
14

曜日に色を付ける

条件付き書式の [数式を使用して、書式設定するセルを決定] を使用して曜日の色を赤や青にできます。

=WEEKDAY(C2)=1
=WEEKDAY(C2)=7
15
詳しくは「曜日に色を付ける」をご覧ください。

解説

引数「日付」が「DATEVALUE 関数」や「TIMEVALUE 関数」で日付や時間に変換できない文字列のときは、エラー #VALUE! になります。

引数「種類」は理由がない限り省略します。1 (日曜)7 (土曜)

引数「種類」が範囲外の値のときはエラー #NUM! になります。

結果は曜日を表す数値で取得します。セルの書式設定から曜日を表示したときは日付のままです。

曜日の表示形式を適用した文字列に変換するには「TEXT 関数」を使用します。

=TEXT(日付,"aaa")
=TEXT(日付,"aaaa")