サイトについて      連絡先   検索

エクセル 2016 重複データを抽出する

はじめに

エクセル 2016 の重複データを抽出する方法を紹介します。

重複しているデータとしてないデータのどちらも抽出できます。1 列でも 2 列でも複数の列に対応できます。

重複しているデータに色を付けることができます。

  • 目次
    • 重複データを抽出する
    • 重複していないデータを抽出する
    • 重複しているデータに色を付ける

重複データを抽出する

この方法では重複しているデータとしていないデータの両方を抽出できます。

重複しているデータを用意します。

9

重複判定用の列を追加し「COUNTIF 関数」で重複しているか判定します。

B 列のセルで重複しているか判定するには、次のように入力します。重複しているデータには重複と表示されます。

=IF(COUNTIF($B$3:$B$8,B3)>1,"重複","")
10

[セル] を 1 つ選択します。または [データ] をすべて範囲選択します。

11

[データ] タブをクリックし、並べ替えとフィルターグループにある [フィルター] をクリックします。

3

重複列の [▼] をクリックし、[重複] のみチェックして [OK] をクリックします。

12

重複しているデータのみ抽出できます。

13

[空白セル] のみチェックすると、重複していないデータのみ抽出できます。

14
フィルターを適用している状態で行を削除しても、非表示になっている行は削除されません。

[クリア] をクリックして非表示の行を再表示できます。[フィルター] をクリックしてフィルター機能を解除できます。

15

複数列の重複データを抽出する

複数列でデータが重複しているか判定する方法を紹介します。

作業用列を追加します。B 列と C 列の値で重複しているか判定するにはそれらを結合します。行全体で重複しているか判定するにはすべての列を結合します。

=B3&C3
=B3&C3&D3
16

重複判定用の列を追加し、作業用列のデータを「COUNTIF 関数」で判定します。

=IF(COUNTIF($E$3:$E$8,E3)>1,"重複","")
17

後はフィルターを適用して、重複しているデータと重複していないデータを抽出できます。

18 19

重複していないデータを抽出する

この方法では重複しているデータの 1 つ目を表示して残りを非表示にできます。

重複しているか判定したい [列] を範囲選択します。

20

[データ] タブをクリックし、並べ替えとフィルターグループにある [詳細設定] をクリックします。

21

リスト範囲が範囲選択した範囲になっているか確認します。なっていなければその範囲を入力します。[重複するレコードは無視する] をチェックして [OK] をクリックします。

22

「名前」の列を範囲選択すると名前で重複していないデータを表示できます。重複している 1 つ目のデータは表示されます。

23

すべての列を範囲選択すると行全体で重複していないデータを表示できます。重複している 1 つ目のデータは表示されます。

24

[クリア] をクリックして非表示の行を再表示できます。

25

重複しているデータに色を付ける

上記の方法で抽出したデータに色を付けることもできますが、この方法ではデータを入力したときに自動で色を付けられます。

重複を判定したい [1 列] を範囲選択します。見出しは含めません。

26

[ホーム] タブをクリックし、スタイルグループにある [条件付き書式] から [セルの強調表示ルール] の [重複する値] をクリックします。

27

[書式] を選択して [OK] をクリックします。

28

範囲選択した中で重複しているデータに色を付けられます。

29

新しいデータを入力したときも重複していれば自動で色が付きます。

30
  • 目次
    • 重複データを抽出する
    • 重複していないデータを抽出する
    • 重複しているデータに色を付ける