サイトについて      連絡先   検索

エクセル 2016 表をテーブルとして書式設定から作成する

はじめに

エクセル 2016 の表をテーブルとして書式設定から作成する方法を紹介します。

ボタン 1 つで簡単に作成できます。テーブルの機能にはスタイルやフィルタ、集計などがあります。

テーブルの機能を解除してスタイルだけ維持できます。

表をテーブルの書式設定から作成する

テーブルを作成したい [セル] 1 つ選択するか、その [データ] を範囲選択します。

23 24

[ホーム] タブをクリックし、スタイルグループにある [テーブルとして書式設定] をクリックします。

2

スタイルの一覧が表示されるので好きな [スタイル] をクリックします。後で変更できます。

3

データ範囲に問題がないか確認します。見出し行があるときは [先頭行をテーブルの見出しとして使用する] をチェックして [OK] をクリックします。

25

表にテーブルの書式設定が適用されます。

26

これだけでテーブルを作成できます。次にテーブルの書式設定の機能を紹介します。

テーブルの機能を操作する

テーブルを選択するとデザインタブが表示されます。

ここからテーブルの機能を操作できます。

6

テーブルとして書式設定を解除する

ツールグループにある [範囲に変換] をクリックします。

44

[はい] をクリックします。

27

テーブルの機能がなくなり、ただの表に戻ります。

28

デザインタブが表示されなくなり、フィルタ機能もなくなります。文字色や背景色などはそのまま残るので、色だけを設定したいときにも使用できます。

テーブルの範囲を拡張または変更する

テーブルより 1 つ下の行や 1 つ右の列に値を入力すると、自動でテーブルの範囲が拡張されます。

29

テーブルの右下にある [┛] をドラッグして範囲を変更できます。

30

またはプロパティグループにある [テーブルのサイズ変更] から新しい範囲を入力できます。

31

フィルタ機能

テーブルスタイルのオプショングループにある [フィルターボタン] をチェックします。

32

見出し行の [▼] をクリックして並び替えや絞り込みができます。

33

名前の「エクセル」で絞り込みした例。

34

このフィルタ機能はデータタブにあるフィルターと同様の機能です。

35

スタイルのオプション

テーブルスタイルのオプショングループから簡単にスタイルの切り替えができます。

45

見出し行

表示、非表示を切り替えられます。

36

最初の列

チェックすると太字になります。

37

最後の列

チェックすると太字になります。

38

網模様(行)

1 行おきに色を変更できます。

39

網模様(列)

1 列おきに色を変更できます。

40

フィルターボタン

41

集計行

表示、非表示を切り替えられます。

42

集計行の集計された [セル] を選択すると表示される [▼] をクリックして、合計以外に平均などの集計ができます。

43

集計する値は、フィルタ機能によって表示されている値です。非表示のセルは除外されます。

  • 目次
    • 表をテーブルの書式設定から作成する
    • テーブルの機能を操作する
    • テーブルとして書式設定を解除する
    • テーブルの範囲を拡張または変更する
    • フィルタ機能
    • スタイルのオプション