サイトについて      連絡先   検索

エクセル 2016 カレンダーの作り方

はじめに

エクセル 2016 のカレンダーの作り方を紹介します。

縦や横 1 列に 1 ヵ月分の日付を表示すると集計に向いています。日曜日から土曜日までの週単位でも表示できます。

次の手順で作成します。

完成図は次のようになります。

33 61

次のような週単位に表示するには「カレンダーの作り方 (週表示)」をご覧ください。

65
  • 目次
    • 日付を自動で入力する
    • 曜日を表示する
    • 祝日を表示する
    • 日付に色を付ける
    • 横 1 列にする

日付を自動で入力する

年月を入力する欄を作成します。年と月は別々に入力しても 1 つのセルに入力してもできます。ここに入力した月のカレンダーを作成します。

「年月」の表示形式はyyyy"年"m"月"を設定しています。入力するときの日は何日でもいいです。

「今日」の日付は=TODAY()で取得しています。なくても問題ありません。表示形式はm"月"d"日"を設定しています。

34

1 日目の [セル] に「DATE 関数」を使用して、入力された年月の 1 日を入力します。

=DATE($B$3,$C$3,1)
=DATE(YEAR($D$3),MONTH($D$3),1)
35

2 日目の [セル] に次の日=B6+1を入力して、31 日目のセルまでコピーします。

36

この方法だと月末が 31 日未満のときに翌月の日が表示されてしまいます。

37

翌月の日を表示しないようにするために 2 日目の [セル] の数式を修正します。

=IF(B6="","",IF(MONTH(B6+1)=$C$3,B6+1,""))
=IF(B6="","",IF(MONTH(B6+1)=MONTH($D$3),B6+1,""))
38

これを 31 日目のセルまでコピーします。翌月の日は表示されなくなります。

39

日付の表示を日のみにするには、[セルの書式設定] で [ユーザー定義] の種類にdを入力して [OK] をクリックします。

40

日のみの表示になります。

41

日と曜日を表示するには、[セルの書式設定] で [ユーザー定義] の種類にd (aaa)を入力して [OK] をクリックします。

42

表示形式に指定できる項目は「日付の表示形式の一覧」をご覧ください。

曜日を表示する

曜日は日付のセルを参照して表示します。1 日目の [セル] に=B6を入力して 31 日目のセルまでコピーします。

43

曜日の [セルの書式設定] で [ユーザー定義] の種類にaaaを入力して [OK] をクリックします。

44

曜日が表示されます。

45

表示形式を変更して曜日の表示を変えられます。

形式 表示例
aaa
aaaa日曜日
dddSun
ddddSunday

これ以外の表示にするには「日付の曜日を表示する」をご覧ください。

祝日を表示する

祝日が入力されているシートを用意します。シート名を「祝日」にしています。

日付と祝祭日名を入力します。祝日 一覧などのキーワードで Web 検索すると見つけられます。

祝祭日を数式で求めるのはおすすめしません。毎年日付が変更されたり、休日と休日の間の日も休日になるルールなど複雑なので手入力した方が簡単です。
46

VLOOKUP 関数」を使用して祝日を取得します。31 日目のセルまでコピーします。

=VLOOKUP(B6,祝日!$B$3:$C$21,2,FALSE)
47

祝日以外の日にエラーが表示されています。数式を「IFERROR 関数」を使用してエラーを回避するように修正します。31 日目のセルまでコピーします。

=IFERROR(VLOOKUP(B6,祝日!$B$3:$C$21,2,FALSE),"")
48

VLOOKUP 関数の説明

VLOOKUP 関数」に指定する引数について簡単に説明します。

1 つ目には検索する日付を指定します。1 日が祝祭日か判定したいので、1 日のセルB6を指定します。

49

2 つ目には祝祭日の日付と名前の範囲を指定します。シート「祝日」にある範囲
祝日!$B$2:$C$21を指定します。範囲内にすべてのデータが入っていれば、大きめの範囲にしても問題ありません。

50

3 つ目には取得する列を指定します。祝祭日名の列は範囲内の 2 列目にあるので2を指定します。

51

4 つ目にはFALSEを指定します。

このようにして「VLOOKUP 関数」で祝祭日名を取得できます。

=VLOOKUP(B6,祝日!$B$3:$C$21,2,FALSE)

日付に色を付ける

色を付けたい日付や曜日を範囲選択します。

52

[ホーム] タブをクリックし、スタイルグループにある [条件付き書式] から [ルールの管理] をクリックします。

53

[新規ルール] をクリックします。

54

まずは日曜日の色を設定します。

[数式を使用して、書式設定するセルを決定] をクリックし、[数式] に=WEEKDAY(B6)=1を入力します。B6は範囲選択した左上のセルです。[書式] を選択して [OK] をクリックします。

55

書式は [フォント] タブをクリックし、色から曜日に設定したい [色] を選択して [OK] をクリックします。

56

日曜日の色を設定しました。続けて土曜日や祝日の色を設定するので [新しいルール] をクリックします。

57

土曜日の色は、数式に=WEEKDAY(B6)=7を入力します。

祝日の色は、数式に=$D6<>""を入力します。$D6は 1 日目の祝日のセルです。

すべて入力したら [OK] をクリックします。

58

日付や曜日に色が付きます。

59

今日の日付に色を付けたいときは=B6=$E$3または=B6=TODAY()を入力します。

60

横 1 列にする

上記の方法の 31 日目までに縦方向にコピーした部分を横方向にコピーすれば横 1 列に作成できます。

縦を横に変換するにはカレンダーをすべてコピーします。

62

貼り付けたい [セル] を右クリックし、形式を選択して貼り付けから [行列を入れ替える] をクリックします。

63

祝日の色の判定が間違っているので修正します。色を設定している [セル] を 1 つだけ選択した状態で [ルールの管理] をクリックします。祝日の色の [ルール] を選択して [ルールの編集] をクリックします。

64

数式に=C$40<>""を入力します。C$40は 1 日目の祝日のセルです。

横 1 列のカレンダーを作成できます。

  • 目次
    • 日付を自動で入力する
    • 曜日を表示する
    • 祝日を表示する
    • 日付に色を付ける
    • 横 1 列にする