サイトについて      連絡先   検索

エクセル 2013 名前の定義の使い方

はじめに

エクセル 2013 の名前の定義の使い方を紹介します。

名前を定義するとセル参照や数式に名前が付いてわかりやすくなります。

名前の削除や複数シートで同じ名前を使う方法も紹介します。

  • 目次
    • セル参照の名前を定義する
    • 数式の名前を定義する
    • 見出しから名前を定義する
    • 複数シートで同じ名前を定義する
    • 名前を編集する
    • 名前を削除する

セル参照の名前を定義する

名前を定義する [セル] を範囲選択します。

21

[数式] タブをクリックして定義された名前グループにある [名前の定義] をクリックします。

2

名前にセル参照の [名前] を入力します。ここでは [範囲] と入力して [OK] をクリックします。参照範囲には自動で範囲選択したセルが入力されています。変更したいときは [参照範囲] をクリックしてから、[セル] を範囲選択します。

3

これで「範囲」というセル「B2」~「B4」を参照する名前が定義されました。定義した名前で合計を求めるには=SUM(範囲)を入力します。

22

SUM 関数」で「範囲」のセルの合計を求められます。

23

このように、セルの参照を入力する代わりに、定義した名前で入力できます。

簡単に登録する

セルを範囲選択したら、名前ボックスに直接 [名前] を入力して Enter キーを入力します。

24

これだけで名前を登録できます。

登録した名前を数式や関数に使わないで、セルを範囲選択したいだけなら名前ボックスの [▼] をクリックして [名前] をクリックします。

25

または、[数式] タブをクリックして定義された名前グループにある [数式で使用] をクリックして、[名前] をクリックします。

26

その名前の範囲が選択されます。

21

数式の名前を定義する

[数式] タブをクリックして定義された名前グループにある [名前の定義] をクリックします。

2

名前に数式の [名前] を入力します。ここでは [合計] と入力します。参照範囲に [数式] を入力します。ここでは=SUM(Sheet1!$B$2:$B$4)を入力して [OK] をクリックします。

6

これで「合計」というセル「B2」~「B4」の合計を求める名前が定義されました。定義した名前で合計を求めるには=合計を入力します。

7

「合計」という名前でセルの合計が求められます。

5

このように、数式や関数を定義した名前で入力できます。関数の中に別の関数を入力して長くなりわかりづらいときは、名前を定義するとすっきりします。

例えば、合計1 ~ 3 の名前が定義されているとき、その平均を求めるには=AVERAGE(合計1,合計2,合計3)のように入力できます。

見出しから名前を定義する

見出しを名前にして、複数のセル参照の名前をまとめて定義できます。

名前を定義する [セル] の見出しを含めて範囲選択します

8

[数式] タブをクリックして定義された名前グループにある [選択範囲から作成] をクリックします。

9

上側に見出しがあるので、[上端行] をチェックして [OK] をクリックします。

10

これで「ワード」、「エクセル」、「アクセス」という名前が定義されました。

それぞれの名前を使って合計を求めます。

11

定義した名前の合計が求められます。

12

複数シートで同じ名前を定義する

名前の定義画面の範囲にシート名を指定します。

定義した名前は選択したシートでのみ使用できます。

19

各シートとブックで同じ名前を 1 つずつ定義できます。

20

名前を編集する

[数式] タブをクリックして定義された名前グループにある [名前の管理] をクリックします。

13

編集したい [名前] をクリックして [参照範囲] を編集するか、[編集] をクリックします。

17

[名前] や [参照範囲] を編集して [OK] をクリックします。

18

名前を編集できます。

名前を削除する

[数式] タブをクリックして定義された名前グループにある [名前の管理] をクリックします。

13

削除したい [名前] をクリックして [削除] をクリックします。

14

[OK] をクリックします。

15

名前が削除されます。

16
  • 目次
    • セル参照の名前を定義する
    • 数式の名前を定義する
    • 見出しから名前を定義する
    • 複数シートで同じ名前を定義する
    • 名前を編集する
    • 名前を削除する