サイトについて      連絡先   検索

エクセル 2013 DATEVALUE 関数:文字列を日付に変換する

はじめに

エクセル 2013 の DATEVALUE 関数の使い方を紹介します。

DATEVALUE 関数は日付形式の文字列を日付の数値に変換します。

それをセルの書式設定から日付として表示できます。

エクセルの日付は数値を日付形式に表示しているだけで、日付型はありません。
  • 目次
    • 構文
    • 使用例
    • 解説

構文

DATEVALUE(文字列)
文字列を日付に変換します。

引数「文字列」文字列を指定します。

使用例

文字列を指定する。

=DATEVALUE("2000/1/1")
=DATEVALUE("2000年1月1日")
=DATEVALUE("1月1日")
=DATEVALUE("1-Jan-2000")
1

日付形式の文字列が入力されたセルを参照する。

=DATEVALUE(B3)
2

解説

変換した値はセルの書式設定から日付として表示できます。

3

変換できる文字列は、セルの書式設定にある日付の形式とほぼ同じです。またコンピュータの日付の形式により年月日の順番が年/月/日日/月/年などに決まります。

引数「文字列」の年を省略すると現在の年が自動で設定されます。

引数「文字列」に含まれている時刻はすべて無視され 0 時になります。

引数「文字列」に変換できない文字列や値、日付などを指定したときは、エラー#VALUE!になります。

エクセルで扱える日付の範囲は1900 年 1 月 1 日9999 年 12 月 31 日です。この範囲を超える日付を指定したときは、エラー#VALUE!になります。

引数に日付を受け取る関数は、自動で「DATEVALUE 関数」が使用され文字列を日付に変換します。そのため「DATEVALUE 関数」が必要になる場面はほとんどありません。

  • 目次
    • 構文
    • 使用例
    • 解説