サイトについて      連絡先   検索

スクラッチ 演算ブロックの使い方

はじめに

Scratch (スクラッチ) 3 の演算ブロックの使い方を紹介します。

条件分岐の条件を判定できます。複数の条件も作成できます。

数の計算や文字の結合などもできます。

  • 目次
    • 演算ブロックとは
    • 条件を作成する
    • 計算する
    • 文字列を操作する

演算ブロックとは

operators

演算ブロックでは、条件を作成したり、数の計算や文字列の操作ができます。

次のような形をしたブロックが条件になります。条件は条件分岐のブロックと組み合わせて使用します。

more-than

条件に一致するとtrueを、一致しないとfalseを返します。

true は「トゥルー」、false は「フォルス」と読みます。

条件を作成する

more-than

左の値右の値「より大きい」か判定します。

使用例 結果
1 > 2false
2 > 2false
2 > 1true

右側を向いているときは左を向きます。逆のときは右を向きます。

37

less-than

左の値右の値「より小さい」か判定します。

使用例 結果
1 < 2true
2 < 2false
2 < 1false

マウスをスプライトに近づけると、どこかにワープします。

38

equal

左の値右の値と「等しい」か判定します。

使用例 結果
1 = 2false
2 = 2true
2 = 1false

コスチュームの番号が 1 のときは 2 のコスチュームに変更します。

39

and

左の条件右の条件の両方が条件に一致しているか判定します。

両方とも条件に一致しているときだけ、この条件が一致します。複数の条件を作るときに使います。

使用例 結果
true かつ truetrue
true かつ falsefalse
false かつ truefalse
false かつ falsefalse

他のスプライトに触れているときに、クリックすると「つかまえた」と言います。

40

or

左の条件右の条件の 1 つでも条件に一致しているか判定します。

片方または両方とも条件に一致していると、この条件が一致します。複数の条件を作るときに使います。

使用例 結果
true または truetrue
true または falsetrue
false または truetrue
false または falsefalse

星か恐竜のスプライトのどちらかに触れているときに「つかまえた」と言います。

41

not

条件の結果を逆にします。

条件が一致していないとき、この条件が一致します。

使用例 結果
truefalse
falsetrue

他のスプライトに触れていないときに、それに近づいていきます。

42

計算する

数値以外を入力すると 0 として扱われます。

add

左の値右の値を足し算した結果を取得して、それをブロックの値に指定できます。

少しずつ右回りに回転します。

43

subtract

左の値右の値を引き算した結果を取得して、それをブロックの値に指定できます。

少しずつ左回りに回転します。

44

multiply

左の値右の値を掛け算した結果を取得して、それをブロックの値に指定できます。

division

左の値右の値を割り算した結果を取得して、それをブロックの値に指定できます。

割り切れないときは丸められます。

45

0 で割るとInfinityというエラーを取得します。

46

pick-random

指定した範囲の値をランダムに取得して、それをブロックの値に指定できます。

範囲に整数を入力すると結果も整数になります。小数を使用すると結果に小数が含まれます。左と右の値はどちらが大きくても使用できます。

コスチュームを 1 か 2 のどちらかに変更します。

47

mod

左の値右の値で割り算した余りを取得して、それをブロックの値に指定できます。

0 で割るとNaNというエラーを取得します。

48

10 歩移動する度にジャンプします。

49

round

指定したを四捨五入した結果を取得して、それをブロックの値に指定できます。

小数第一位の値を四捨五入して結果を整数にします。

変換前 変換後
1.41
1.52
2.42
2.53

math-formula

指定したを次の公式で結果を取得して、それをブロックの値に指定できます。

  • 絶対値:プラスやマイナスといった記号を取り除いた数値を取得します。
  • 切り下げ:小数をすべて切り捨てて整数を取得します。
  • 切り上げ:小数が 0 より大きいときは +1 して、小数をすべて切り捨てて整数を取得します。
  • 平方根:2 乗すると指定した値になる値を取得します。指定した値のルートを取得します。
  • sin:三角関数のサイン (正弦) を取得します。
  • cos:三角関数のコサイン (余弦) を取得します。
  • tan:三角関数のタンジェント (正接) を取得します。
  • asin:逆三角関数のアークサイン (逆正弦) を取得します。
  • acos:逆三角関数のアークコサイン (逆余弦) を取得します。
  • atan:逆三角関数のアークタンジェント (逆正接) を取得します。
  • In:自然対数を取得します。ネイピア数を何乗すると指定した値になるかを求めます。
  • log:常用対数を取得します。10 を何乗すると指定した値になるかを求めます。
  • e ^:ネイピア数を指定した値だけべき乗します。1 を指定するとネイピア数の値を求められます。
  • 10 ^:10 を指定した値だけべき乗します。2 を指定すると 10 *10 で 100 になります。

今日が 2019/1/1 なら「2019年1月1日」と言います。

50

文字列を操作する

join

左の文字右の文字を結合した結果を取得して、それをブロックの値に指定できます。

りんごバナナならりんごバナナになります。

変数に設定した天気を言います。

51

52

letter

指定した文字列何番目の文字を取得して、それをブロックの値に指定できます。

1 番左の文字が 1 番目です。存在しない何番目を指定したときは、何も取得しません。

ユーザー名の 1 文字目を言います。

53

length

指定した文字列の文字数を取得して、それをブロックの値に指定できます。

りんごなら 3 を取得します。

ユーザー名を 1 文字ずつ言います。

54

contains

指定した文字列の中に指定した文字が含まれているかを判定します。

文字は 1 文字でも複数でも指定できます。りんごんごが含まれる、としたときはんごという文字列が含まれているときは、条件に一致します。

使用例 結果
りんごが含まれるtrue
りんごんごが含まれるtrue
りんごりごが含まれるfalse
りんごが含まれるfalse
  • 目次
    • 演算ブロックとは
    • 条件を作成する
    • 計算する
    • 文字列を操作する