サイトについて      連絡先   検索

スクラッチ ペンブロックの使い方

はじめに

Scratch (スクラッチ) 3 のペンブロックの使い方を紹介します。

スプライトをペンにして線を引けます。色や太さなどを変更できます。

スプライトをそのままスタンプすることもできます。

  • 目次
    • ペンブロックとは
    • ペン

ペンブロックとは

pen

ペンブロックでは、線を引いたり、スプライトをスタンプとして押せます。ペンブロックは拡張機能です。

拡張機能について

ペンブロックを使用するには [拡張機能を追加] をクリックします。

33

[ペン] をクリックします。

34

これでペンブロックが使用できます。

線の引き方

ペンを下ろすブロックの後に、スプライトが移動すると線を引けます。

36

線はスプライトの座標 (中心) から移動した先の座標 (中心) に引かれます。

35

見た目ブロックの隠すブロックでスプライトを非表示にしておくと、線だけを引けます。

hide

ペン

erase-all

すべての線とスタンプを消します。

ペンブロックで描いたものをすべて消すときに使用します。

スクラッチを実行したときにすべて消します。

37

pen-down

ペンを使って線を引く状態にします。

線を引きたいときに使います。スプライトが移動した跡が線になります。

注意点としてスプライトを移動しなくても、このブロックを実行したときに現在の色と太さの「点」が描かれます。

横線を引きます。

38 39

pen-up

ペンを使うのをやめます。

線を引くのをやめたいときに使います。

最初の半分は線を引いて、残りの半分は線を引きません。

40 41

set-pen-color

ペンの色を指定したに変更します。

色を変更するには [色] をクリックして次の値を変更します。スポイトをクリックするとステージ上の色を指定できるようになります。

  • :色合いが変化します。
  • 鮮やかさ:色の濃さが変化します。
  • 明るさ:小さくすると黒くなります。
42

最初は青色で線を引いて、次は赤色で線を引きます。

43 44

change-pen-color

ペンの次のものを指定しただけ変更します。

  • :0 ~ 100。色合いが変化します。範囲を超えるときは自動で収まる値にします。101 は 1 になります。
  • 鮮やかさ:0 ~ 100。色の濃さが変化します。
  • 明るさ:0 ~ 100。小さくすると黒くなります。
  • 透明度:0 ~ 100。大きくすると透明になっていきます。

色が少しずつ変化しながら線を引きます。

45 46

set-pen-color-num

ペンの次のものを指定したに変更します。

  • :0 ~ 100。色合いが変化します。範囲を超えるときは自動で収まる値にします。101 は 1 になります。
  • 鮮やかさ:0 ~ 100。色の濃さが変化します。
  • 明るさ:0 ~ 100。小さくすると黒くなります。
  • 透明度:0 ~ 100。大きくすると透明になっていきます。

色だけや鮮やかさだけ変更したいときに使います。

スプライトの位置によってペンの色が変わります。

47 48

change-pen-size

ペンを指定した太さだけ太くします。

マイナスの値を指定すると細くなります。値の範囲は 1 ~ です。小数も使用できます。指定できない値を指定したときは変化しません。

段々と線が太くなります。

49 50

set-pen-size

ペンを指定した太さにします。

値の範囲は 1 ~ です。小数も使用できます。指定できない値を指定したときは 1 の太さになります。

ペンを下ろす前に太さを初期化します。

51

stamp

スプライトをそのまま背景に描きます。

隠しているスプライトもスタンプできます。

円を描くようにスタンプします。

52 53

  • 目次
    • ペンブロックとは
    • ペン