サイトについて      連絡先   検索

スクラッチ ペンブロックの使い方

はじめに

Scratch (スクラッチ) 1.4 のペンブロックの使い方を紹介します。

スプライトをペンにして線を引けます。色や太さなどを変更できます。

スプライトをそのままスタンプすることもできます。

  • 目次
    • ペンブロックとは
    • ペン

ペンブロックとは

ペンブロックでは、背景に線を引いたり、スプライトをスタンプとして押せます。

1

線の引き方

線を引くときのペン先は、必ずスプライトの中心になります。中心から移動した先の中止に線が引かれます。

2

見た目ブロックの隠すを使うとスプライトを非表示にして線を引けます。

32

ペン

すべての線とスタンプを消します。

3

線を引く状態にします。この状態でスプライトが移動するとその跡が線になります。

4

次のようにすると、移動した後に線が引かれます。

15 14

線を引く状態を解除します。スプライトが移動しても線が引かれることはありません。

5

次のようにすると、最初は線を引きますが、次は線を引きません。

16 17

ペンの色を指定した色に変更します。

6

色を変更するには [色] をクリックします。マウスカーソルがスポイトの形になります。クリックした箇所の色になります。

20

次のようにすると、最初は青色で線を引きますが、次は緑色で線を引きます。

18 19

ペンの色を指定した色に変更します。0 ~ 199 の範囲で指定します。200 は 0 と同じです。

8

0: 赤、70: 緑、130 青。

25

次のようにすると、スプライトの高さ (y座標) によってペンの色が変わります。

23 24

実行するたびにペンの色を変更します。

7

次のようにすると、赤色から段々と青色に線の色が変わります。

21 22

ペンの色を指定した濃さに変更します。0 ~ 100 の範囲で指定します。0 が一番濃い色です。

10

実行するたびにペンの濃さを変更します。

9

次のようにすると、濃い色から薄い色に線の色が変わります。

26 27

ペンを指定した太さに変更します。1 ~ の範囲で指定します。この値が線の幅になります。

12

実行するたびにペンの太さを変更します。

11

次のようにすると、段々と線が太くなります。

28 29

スプライトをそのまま背景にスタンプします。

13

次のようにすると、円を描くようにスタンプします。

31 30
  • 目次
    • ペンブロックとは
    • ペン