Twitter アカウントが凍結される理由

はじめに

Twitter アカウントが凍結される理由を紹介します。

Twitter のルールに違反するとアカウントは凍結され使用できなくなります。

アカウントの凍結を解除する前に必ずご覧ください。

凍結を解除するには「アカウントを凍結解除する」をご覧ください。
凍結させるには「アカウントを凍結させる方法」をご覧ください。
公式のヘルプの説明は「アカウントの凍結について」または「Twitterルール」をご覧ください。
  • 目次
    • アカウントが凍結される理由

アカウントが凍結される理由

Twitter を不正に利用するのが凍結される原因になります。一度凍結されると解除できないことがあります。一部の行為は犯罪に該当することもあります。ルールを適切に守って Twitter を使用してください。

アカウントの大量作成

アカウントを大量に作成することは、不正行為とみなされ関連するすべてのアカウントが凍結されます。プライベート用と仕事用のように、二つか三つくらいなら問題ありませんが、それ以上に大量作成するのは不正行為とみなされます。

嫌がらせ行為

特定の人物への誹謗中傷や脅迫などをツイートする。複数のアカウントから一人のユーザーに集中してツイートすると、それらのアカウントは凍結されます。

個人情報の公開

他人の個人情報や機密情報を本人の許可なく公開する行為。名前、住所、電話番号、クレジット番号などが個人情報に含まれます。

著作権の侵害

著作権を侵害するツイート。無断転載なども著作権侵害になります。

利用規約に違反

Twitter サービス利用規約」に違反している行為。年齢が 13 歳未満の方の利用は禁止されています。

その他の不正行為

  • なりすまし:他人になりすまして他者をだます行為。
  • 商標:無断で商標を利用する。誤解を与えるような商標を使用する行為。
  • Twitterバッジの誤使用:Twitter から提供されていないアカウントバッジやプロモーションバッジの使用。
  • ユーザー名の占拠:他人に使わせないために作成されたアカウント。売買目的のアカウント。6ヶ月以上使用されていないアカウントなどが該当します。
  • マルウェアまたはフィッシング:他人のパソコンやブラウザを破損させたり、悪意のあるコンテンツへのリンクなど。
  • スパム:ツールを使用して大量にツイートしたり、フォローを増やす行為。ツイートと関係のないハッシュタグなどのスパム行為など。
  • わいせつ:わいせつな画像をプロフィール画像、ヘッダー画像、ユーザーページの背景画像への使用。