Twitter リプライ、返信できる人を制限する

はじめに

Twitter アプリやブラウザからリプライ、返信できる人を制限する方法を紹介します。

フォローしている人や @ツイートした人からのみに制限できます。

見たくないリプを防止できます。

リプライするには「リプライ・返信する」をご覧ください。
公式のヘルプの説明は「Twitterでの会話について」をご覧ください。
  • 目次
    • アプリからリプライを制限する
    • ブラウザからリプライを制限する

アプリからリプライを制限する

iPhone, Android ともに同じ操作です。

Twitter アプリを開き、ツイート画面を表示し、[すべてのアカウントが返信できます] をタップします。

i1

[返信できる人] を選択してツイートします。

  • 全員:すべて人が返信できます。
  • フォローしているアカウント:自分がフォローしている人と、このツイートを送信した相手が返信できます。
  • @ツイートしたアカウントのみ:このツイートを送信した相手のみ返信できます。
「全員」が既定値で固定です。既定値は変更できません。
i2

ツイートしたら、返信できない人には [返信] アイコンが灰色に表示されます。それをタップします。

i3

返信できない理由が表示されます。[会話を見る] をタップするか [ツイート] を表示して

i4

このツイートにだれが返信できるのかが表示されます。すべての人が返信できるときは表示されません。

i5

ツイートした後に返信できる人を変更することはできません。

ブラウザからリプライを制限する

Twitter ウェブサイト」を開きます。

ツイート画面を表示し、[すべてのアカウントが返信できます] をクリックします。

1

次の中から [返信できる人] を選択してツイートします。

  • 全員:すべて人が返信できます。
  • フォローしているアカウント:自分がフォローしている人と、このツイートを送信した相手が返信できます。
  • @ツイートしたアカウントのみ:このツイートを送信した相手のみ返信できます。
「全員」が既定値で固定されています。既定値は変更できません。
2

ツイートしたら、返信できない人には [返信] アイコンが灰色に表示されます。それをクリックします。

3

返信できない理由が表示されます。[会話を見る] をクリックするか [ツイート] を表示して

4

このツイートにだれが返信できるのかが表示されます。すべての人が返信できるときは表示されません。

5

ツイートした後に返信できる人を変更することはできません。

アカウントに鍵をかけて非公開にすることなく、返信できる人を制限できるので便利です。