サイトについて      連絡先   検索

VBA コメント

はじめに

Excel VBA マクロでコメントを付ける方法を紹介します。

コメントとは、プログラムの実行に何も影響を与えないメモです。処理の内容を簡潔に記載することでわかりやすくします。

一時的に無効にしたい処理をコメント化するとすぐに元に戻せて便利です。

  • 目次
    • コメントを追加する
    • コメントを解除する

コメントを追加する

' コメントのように入力します。'の後ろがすべてコメントになります。


' ここがコメント
Sub 実行()
    Dim i As Integer ' ここがコメント
End Sub

複数行のコードを一括でコメント化するには、[表示] から [ツールバー] をクリックして [編集] をチェックします。

8

コメント化したい [コード] を範囲選択します。

9

編集ツールバーにある [コメント ブロック] をクリックします。

10

その行がコメント化されます。コメント化することを「コメントアウト」すると言ったりもします。

11
他の言語にあるような一部の範囲だけコメント化することはできません。必ず行単位で行います。

行連結文字の後ろはコメント化できない

行連結文字の_を使ってコードを複数行に分けているとき、その行の後ろにコメントは入力できません。


Dim s As String
s = "一行目" _ ' エラー、_ の後ろにコメントは入力できない
    & "二行目" ' OK

コメントを解除する

'を削除します。

複数行のコメントを一括で解除するには、[コメントが含まれる行] をマウスで範囲選択します。

12

編集ツールバーにある [非コメント ブロック] をクリックします。

13

その行の'が削除され、コードになります。

14
  • 目次
    • コメントを追加する
    • コメントを解除する