サイトについて      連絡先   検索

VBA Array 関数

はじめに

Excel VBA マクロの Array 関数を紹介します。

Array 関数は、指定した要素で作成された配列を返します。

複数の値を一度に配列として作成したいときに使用します。

構文

Array()
Array(, …)
を含んだ配列を作成します。

引数「値」文字列、数値、日付など何でも指定できます。
戻り値の型Variant 型の動的配列

解説

Array 関数の戻り値を受け取る変数は Variant 型または Variant 型の動的配列で宣言されている必要があります。

配列の最初のインデックスは 0 からスタートします。

引数を指定しないときは、要素数 0 の配列が返ります。

引数の型は、文字列と数値のように異なる型を指定できます。

使用例


Dim v As Variant
v = Array(1, 2, 3)
Debug.Print (v(0)) ' 1
Debug.Print (v(1)) ' 2
Debug.Print (v(2)) ' 3

Dim var() As Variant
var = Array("あ", 2)
Debug.Print (var(0)) ' "あ"
Debug.Print (var(1)) ' 2

Dim a(2) As Variant ' 静的配列は Array を受け取れない
Dim i() As Integer ' Variant 型でないと受け取れない

Array 関数を使うと配列の初期値を設定するのが簡単になります。次の 2 つのコードは同じ結果になります。


Dim v As Variant
v = Array(1, 2, 3)

Dim a() As Variant
ReDim Preserve a(2)
a(0) = 1
a(1) = 2
a(2) = 3