サイトについて      連絡先   検索

VBA Minute 関数

はじめに

Excel VBA マクロの Minute 関数を紹介します。

Minute 関数は、指定した時刻の分を返します。

時刻から分の値を取得したいときに使用します。

  • 目次
    • 構文
    • 解説
    • 使用例

構文

Minute(時刻)
時刻から分を取得します。

引数「時刻」時刻を指定します。
戻り値の型数値型 (Integer)

解説

引数「時刻」が1:2:3なら2を返します。

引数「時刻」が日付なら0を返します。

結果を必ず 2 桁の文字列で返すなど書式を指定するには「Format 関数」を使用します。

使用例


Dim i As Integer
  
i = Minute("1:2:3")
Debug.Print(i) ' 2
  
i = Minute("10:20:30")
Debug.Print(i) ' 20

i = Minute("2013/1/2")
Debug.Print(i) ' 0

日時の各部分を取得する。


Dim d As Date
d = "2013/1/2 3:04:05"

Debug.Print(Year(d))   ' 2013
Debug.Print(Month(d))  ' 1
Debug.Print(Day(d))    ' 2
Debug.Print(Hour(d))   ' 3
Debug.Print(Minute(d)) ' 4
Debug.Print(Second(d)) ' 5

書式を指定する。


Dim d As Date
d = "2013/1/2 3:4:5"

Debug.Print(Format(d, "n"))    ' 4
Debug.Print(Format(d, "nn"))   ' 04
Debug.Print(Format(d, "n 分")) ' 4 分

Debug.Print(Format(d, "hh:nn:ss")) ' 03:04:05
  • 目次
    • 構文
    • 解説
    • 使用例