サイトについて      連絡先   検索

VBA TimeSerial 関数

はじめに

Excel VBA の TimeSerial 関数を紹介します。

TimeSerial 関数は、指定した時分秒の時刻を返します。

変数に入れた数値から時刻を取得したいときに使用します。

構文

TimeSerial(時, 分, 秒)

名前 説明
引数「時」時を指定します。
引数「分」分を指定します。
引数「秒」秒を指定します。
戻り値日付型 (Date)

解説

時には 0 ~ 23 の他に -1 以下や 24 以上も指定できます。24 は翌日の 0 時になります。

分には 0 ~ 59 の他に -1 以下や 60 以上も指定できます。60 は 1 時間後の 0 分になります。

秒には 0 ~ 59 の他に -1 以下や 60 以上も指定できます。60 は 1 分後の 0 秒になります。

時刻は日付型の初期値 1899/12/30 の日の時刻になります。

使用例


Dim t As Date

t = TimeSerial(1, 2, 3)
Debug.Print (t) ' 1:02:03

t = TimeSerial(24, 2, 3) ' 時に 24 を指定
Debug.Print (t) ' 1899/12/31 0:02:03

t = TimeSerial(1, -1, 3) ' 分に -1 を指定
Debug.Print (t) ' 0:59:03

t = TimeSerial(1, 60, 3) ' 分に 60 を指定
Debug.Print (t) ' 2:00:03

t = TimeSerial(1, 2, -1) ' 秒に -1 を指定
Debug.Print (t) ' 1:01:59

t = TimeSerial(1, 2, 60) ' 秒に 60 を指定
Debug.Print (t) ' 1:03:00

時刻を指定するのに変数の値を使えるようになります。


Dim t As Date

Dim hh As Integer
Dim nn As Integer
Dim ss As Integer
hh = 1
nn = 2
ss = 3

t = TimeSerial(hh, nn, ss)
Debug.Print (t) ' 1:02:03

関連ページ