VBA セルを削除する (Range.Delete)

はじめに

Excel VBA マクロでセルを削除する方法を紹介します。

Range("B1").Delete または Cells(1, 2).Delete メソッドから、セル「B1」を削除できます。

削除後に移動する方向を指定できます

セルをクリアするには「セルをクリアする」をご覧ください。
セルを範囲指定するすべての方法は「セルを範囲指定して取得する」をご覧ください。
  • 目次
    • セルを削除する
    • セルの範囲を削除する
    • Delete と Clear の違い
    • 別シートのセルを削除する

セルを削除する

Range の引数にセル名を指定すると、そのセルを削除できます。

セル「A1」を削除するには Range("A1").Delete を入力します。

Range("A1").Delete
1

Cells の引数にセルの行と列の番号を指定すると、そのセルを削除できます。

行「2」、列「A」を削除するには Cells(2, 1).Delete を入力します。

Cells(1, 1).Delete ' A1
Cells(2, 1).Delete ' A2
Cells(1, 2).Delete ' B1
Cells(2, 2).Delete ' B2

削除後にセルを移動する方向を引数で指定できます。

Call Range("A1").Delete(xlShiftToLeft) ' 左へシフト
Call Range("A1").Delete(xlShiftUp) ' 上へシフト

引数には次のものがあります。

定数名 説明
xlShiftToLeft-4159左方向へシフト
xlShiftUp (既定)-4162上方向へシフト
2

セルの範囲を削除する

セルの範囲「A1」~「B2」を削除するには Range("A1:B2").Delete または Range("A1", "B2").Delete を入力します。

Range("A1:B2").Delete
Range("A1", "B2").Delete
3

引数を指定しないで削除したときの移動する方向は、範囲が縦長のときは左方向へ、それ以外のときは上方向へ移動します。

Delete と Clear の違い

Delete 以外に Clear メソッドからもセルをクリアできます。

詳しくは「セルをクリアする」をご覧ください。
Range("A1").Delete ' 削除
Range("A1").Clear  ' クリア
  • Delete:セルそのものを削除し、上か左に移動する。
  • Clear:セルは残して、すべての値や書式をクリアする。
1 4

削除後にセルを移動するときは Delete を使用し、セルはそのまま残したいときは Clear を使用します。

別シートのセルを削除する

シートを指定するには Worksheets の引数にシート名またはインデックスを指定します。

Sheet1 を指定するには Worksheets("Sheet1") または Worksheets(1) を入力します。

sheet1
' Sheet1 のセル「A1」を削除
Worksheets("Sheet1").Range("A1").Delete
Worksheets(1).Range("A1").Delete

' Sheet2 のセル「A1」を削除
Worksheets("Sheet2").Range("A1").Delete
Worksheets(2).Range("A1").Delete

Sheet1 に Range や Cells を入力すると、自身のシートのセルになります。自身を表す Me. が省略されています。

' どちらも同じコード
Range("A1").Value = "Sheet1"
Me.Range("A1").Value = "Sheet1"

標準モジュールに Range や Cells を入力すると、開いているシートのセルになります。アクティブシートを表す ActiveSheet. が省略されています。

' どちらも同じコード
Range("A1").Value = "アクティブ"
ActiveSheet.Range("A1").Value = "アクティブ"