サイトについて      連絡先   検索

VBA ファイルのコピー

はじめに

Excel VBA マクロでファイルをコピーする方法を紹介します。

CopyFile 関数を使って指定したファイルを別の名前や、他のフォルダにコピーまたは上書きできます。

ワイルドカードを使って複数のファイルや全てのファイルをまとめてコピーできます。

  • 目次
    • FileSystemObject について
    • ファイルのコピー

FileSystemObject について

ここでは VBA の標準の関数より便利な FileSystemObject を使った方法を紹介しています。基本的な使い方については「FileSystemObject ファイル操作の基礎」をご覧ください。

コードを見やすくするため FileSystemObject を参照設定しています。また、エラー処理は行っていません。

ファイルのコピー

指定したファイルのコピー


Dim fso As FileSystemObject
Set fso = New FileSystemObject ' インスタンス化

Call fso.CopyFile("D:\Tips.txt", "D:\TipsCopy.txt", True) ' ファイル名を指定してコピー
Call fso.CopyFile("D:\Tips.txt", "D:\TipsFolder\", True)  ' 同じファイル名でコピー (D:\TipsFolder\Tips.txt)

' 後始末
Set fso = Nothing

fso.CopyFile関数で指定したパスのファイルをコピーします。

第 1 (source) 引数にコピーするファイルのパスを指定します。ファイルが存在しないときはエラーが発生します。パスにはワイルドカードを指定できますが、詳しくは下記の「複数のファイルのコピー」をご覧ください。

第 2 (destination) 引数にコピー先のパスを指定します。ファイル名を含めるとそのファイル名でコピーします。パスの最後を \ 記号にすると、そのフォルダの中に同じファイル名でコピーします。フォルダが存在しないときはエラーが発生します。

第 3 (overwrite) 引数に True を指定すると上書きしてコピーします。False または省略すると既にファイルが存在しているときはエラーが発生します。

読み取り専用のファイルに上書きすると必ずエラーが発生します。

フォルダ内のファイルをコピー


Dim fso As FileSystemObject
Set fso = New FileSystemObject

Dim fl As Folder
Set fl = fso.GetFolder("D:\") ' フォルダを取得

Dim f As File
For Each f In fl.Files ' フォルダ内のファイルを取得
    If f.Name = "Tips.txt" Then              ' コピーしたいファイル
        Call f.Copy("D:\TipsCopy.txt", True) ' ファイル名を指定してコピー
        Call f.Copy("D:\TipsFolder\", True)  ' 同じファイル名でコピー (D:\TipsFolder\Tips.txt)
    End If
Next

' 後始末
Set fso = Nothing

fso.GetFolder関数で指定したパスの Folder オブジェクトを取得します。フォルダが存在しないときはエラーが発生します。

fl.Filesプロパティから、そのフォルダの File オブジェクトの一覧を取得できます。

f.Nameプロパティから、そのファイルの拡張子付きの名前を取得できます。これでコピーしたいファイルか判定します。

f.Copy関数でそのファイルをコピーします。使い方は上記で説明したfso.CopyFile関数と同じです。CopyFile の第 1 (source) 引数に、そのファイルのパスが渡されます。

複数のファイルをコピー


Dim fso As FileSystemObject
Set fso = New FileSystemObject

Call fso.CopyFile("D:\Tips*.txt", "D:\TipsFolder\", True) ' 複数のファイルをまとめてコピー
Call fso.CopyFile("D:\*", "D:\TipsFolder\", True)         ' 全てのファイルをまとめてコピー

' 後始末
Set fso = Nothing

fso.CopyFile関数の第 1 (source) 引数にワイルドカードを指定して、一致する複数のファイルをまとめてコピーできます。1 つもファイルが一致しないときはエラーが発生します。

使用できるワイルドカードには次のものがあります。

D:\Tips*.txtを指定すると次のファイルが一致します。


D:\Tips.txt
D:\Tips1.txt
D:\Tips12.txt
D:\Tips123.txt

D:\Tips?.txtを指定すると次のファイルが一致します。


D:\Tips.txt
D:\Tips1.txt
D:\Tips2.txt

D:\TipsFolder\*を指定すると、TipsFolder フォルダ内のすべてのファイルと一致します。

第 2 (destination) 引数には必ずパスの最後を \ 記号にしてフォルダを指定します。フォルダが存在しないときはエラーが発生します。

ワイルドカードに一致したすべてのファイルが指定したフォルダにコピーされます。

コピー中に既にファイルが存在してたり、読み取り専用のファイルに上書きしようとしてエラーが発生したときは、そこで処理が中断されます。それ以降のファイルはコピーされません。

  • 目次
    • FileSystemObject について
    • ファイルのコピー