サイトについて      連絡先   検索

VBA エラー 438 オブジェクトは、このプロパティまたはメソッドをサポートしていません。

はじめに

Excel VBA マクロのエラー 438 「オブジェクトは、このプロパティまたはメソッドをサポートしていません。」の対処法を紹介します。

オブジェクトに対して存在しないプロパティやメソッドを使用したときに発生します。

エラーの基本的な対処法は、エラー箇所の特定とその原因となったコードをデバッグします。

  • 目次
    • 解決する

解決する

Worksheet や Range などのオブジェクトに、存在しないプロパティやメソッドを使用したときに発生します。スペルミスをしている可能性があります。


Range("A1").Vaiue = "値" ' エラー、i になっている
Range("A1").Value = "値" ' OK

オブジェクトを扱うときは Object や Variant 型を使用しないで、Worksheet や Range など実際に使用する型で宣言します。メソッドやプロパティを入力時にインテリセンスが表示されるので入力ミスがなくなります。

Worksheet など型によっては「メソッドまたはデータ メンバーが見つかりません。」が発生します。

  • 目次
    • 解決する