Windows 10 システム修復ディスクを作成する

はじめに

Windows10 でシステム修復ディスクを作成する方法を紹介します。

システムイメージを作成してバックアップしているときは、Windows が起動しなくなってもシステム修復ディスクから起動して復旧できます。

Windows のインストールディスクでも同じことができます。

  • 目次
    • システム修復ディスクを作成する

システム修復ディスクを作成する

標準ユーザーの方は管理者権限のパスワードが必要です。詳しくは「管理者と標準ユーザーの違い」をご覧ください。

[スタートボタン] をクリックして [設定] をクリックします。

start-setting

[更新とセキュリティ] をクリックします。

update

[バックアップ] をクリックします。

11

[バックアップと復元に移動 (Windows 7)] をクリックします。

10

[システム修復ディスクの作成] をクリックします。

管理者権限が必要です。
3

空の CD か DVD を入れてその [ドライブ] を選択して [ディスクの作成] をクリックします。

4

ディスクへの書き込みが終了するまで少し待ちます。終わったら [閉じる] をクリックします。

5

[OK] をクリックします。

6

作成したディスクを使用してシステムイメージ (バックアップ) から復元できます。

  • 目次
    • システム修復ディスクを作成する