Windows 10 デスクトップモードとタブレットモードの違い

はじめに

Windows10 のデスクトップモードとタブレットモードの違いを紹介します。

デスクトップモードとは、マウスとキーボードで操作するのに最適化されたモードです。

タブレットモードとは、タッチ操作に最適化されたモードです。

タブレットモードの使い方は「タブレットモードの操作方法」をご覧ください。
  • 目次
    • タブレットモードに切り替える
    • デスクトップモードとタブレットモードの違い

タブレットモードに切り替える

2-in-1 PC などではタスクバーの [アクションセンター] をタップし、[タブレットモード] をタップしてデスクトップモードとタブレットモードを切り替えられます。

16

タブレットにキーボードを着脱して自動でモードを切り替えられます。

詳しくは「タブレットモードに切り替える」をご覧ください。

デスクトップモードとタブレットモードの違い

スタートメニュー、デスクトップ、ウィンドウ、タスクバーに違いがあります。

スタートメニューの違い

デスクトップモード では、スタートメニューが表示されます。「スタートメニューをスタート画面にする」方法でスタート画面の表示もできます。

タブレットモード では、スタート画面が表示されます。

17 18

どちらもサイズが違うだけで、機能は同じです。

デスクトップの違い

デスクトップモード では、デスクトップを表示できます。

タブレットモード では、デスクトップを表示できません。すべてのウィンドウを閉じるとスタート画面が表示されます。そのため、よく使うアプリなどはスタート画面に登録します。詳しくは「スタートメニューとタイルにアプリを追加する」をご覧ください。

19 18

ウィンドウの違い

デスクトップモード では、ウィンドウ形式で表示します。

タブレットモード では、すべてのウィンドウが全画面表示になります。

21 22

タブレットモード でウィンドウを切り替えるには [タスクビュー] をタップして、切り替えたい [ウィンドウ] をタップします。

23

ウィンドウを閉じるには [タスクビュー] をタップして閉じたいウィンドウの [X] をタップします。

24

または画面の上端から下に少しスワイプすると表示される [X] ボタンをタップするか、そのまま下までドラッグします。

25 26

タスクバーの違い

デスクトップモード では、検索ボックス、コルタナ、プログラムのアイコン、システムアイコンがすべて表示されます。

タブレットモード では、戻るボタンが表示され、プログラムのアイコンが非表示になります。システムアイコンが少なくなります。

27

各項目の表示方法などを変更できます。

検索ボックスについては「検索ボックスをアイコンまたは非表示にする」をご覧ください。
プログラムのアイコンについては「タスクバーにアプリを追加する」をご覧ください。
システムアイコンについては「タスクバーの通知領域のアイコンを非表示にする」をご覧ください。