Windows 10 ウィンドウのスナップ機能

はじめに

Windows 11Windows 10:選択

Windows10 のウィンドウのスナップ機能を紹介します。

スナップとは、ウィンドウを画面端に移動させてウィンドウを半分や最大化する機能のことです。

Win winkey + ← または Win winkey + → キーを入力してウィンドウサイズを画面の半分にできます。

  • 目次
    • スナップを無効にする
    • デスクトップモードのスナップ
    • タブレットモードのスナップ

スナップを無効にする

設定 > システム > マルチタスク から、スナップ機能を無効にできます。

15
詳しくは「スナップ機能を無効にする」をご覧ください。

デスクトップモードのスナップ

デスクトップモード のスナップには大きく分けて次の 4 種類があります。それぞれについてやり方を紹介していきます。

  • 画面端へ移動
  • 上下の端へサイズ変更
  • ウィンドウをシェイク
  • 別のモニターに移動 (ショートカットキーのみ)

スナップでサイズを変更した後にウインドウをマウスで移動すると、元のサイズに戻ります。

画面端へ移動

ウィンドウを画面端まで移動させると、その場所ごとに決まったウィンドウサイズに変更できます。

1

上端へ移動させると最大化されます。ショートカットは Win winkey + ↑ キーです。 Win winkey + ↓ キーで元のサイズに戻ります。

2

左端または右端へ移動させると、画面の半分のサイズになります。ショートカットは Win winkey + ← または Win winkey + → キーです。

ショートカットキーは入力するごとに、左半分、右半分、元のサイズを繰り返します。

3 4

複数のウィンドウが表示されているときは、反対側に表示するウィンドウを選択して並べて表示できます。

7

画面四隅へ移動させると 4 分の 1 のサイズになります。

ショートカットは Win winkey + ← または → の後に Win winkey + ↑ または ↓ キーです。

5 6

上下の端へサイズ変更

ウィンドウの上下のサイズ変更で画面端まで変更させます。

8

上端と下端のどちらでも最大の高さになります。ショートカットは Win winkey + Shift + ↑ キーです。ウィンドウの上辺か下辺をダブルクリックしてもできます。

9

ウィンドウをシェイク

ウィンドウを上下や左右に素早く振るように移動させます。これを「シェイク」と言います。ショートカットは Win winkey + Home キーです。

10

それ以外のウィンドウがすべて非表示・最小化されます。もう一度シェイクすると元に戻ります。

11

別のモニターに移動

マルチディスプレイの環境なら Win winkey + Shift + ← または → を入力して、選択しているウィンドウを次のモニターに移動できます。

モニター間の DPI が違う場合、移動されないことがあります。DPI の設定は「デスクトップの解像度を変更する」の「拡大率 (DPI) を変更する」から設定できます。

タブレットモードのスナップ

タブレットモード ではウィンドウを左右に並べて表示できます。

画面上端から下方向へ指をスライドさせます。

12

指を離さないで左右へスライドさせます。

13

画面半分のサイズで表示できます。複数のウィンドウを表示しているときは、反対側に表示するウィンドウを選択できます。

真ん中の縦のラインを左右どちらかへスライドすると最大化できます。

14