Windows 10 ウィンドウの色を変更する

はじめに

Windows10 でウィンドウの色を変更する方法を紹介します。

設定>個人用設定>から、ウィンドウやエクスプローラーのタイトルバーや枠の色を設定できます。

スタートメニューやタスクバーの色を設定できます。透明効果も有効にできます。

  • 目次
    • ウィンドウの色を変更する

ウィンドウの色を変更する

[スタートボタン] をクリックして [設定] をクリックします。

start-setting

[個人用設定] をクリックします。

personal

[色] をクリックします。

40

[背景から自動的にアクセント カラーを選ぶ] のチェックを外します。

32

[好きな色] を選択します。[ユーザー設定の色] をクリックすると自由に色を決められます。RGB や HSV の指定もできます。

33

これで Windows のアクセントカラーの色を設定できます。

24

[透明効果] をオンにすると、スタートメニューやタスクバーが半透明になります。それほど透明になるわけではありません。

38

この色をウィンドウやタスクバーに反映するには次のようにします。

タイトルバーやタスクバーの色

[スタート、タスクバー、アクションセンター] をチェックして、スタートメニューやタスクバーに色が設定されます。ただし、「既定の Windows モード」をライトに選択しているとチェックできません。

[タイトルバーとウィンドウの境界線] をチェックして、ウィンドウのタイトルバーや枠に色が設定されます。

すべてのタイトルバーの色が変更されるわけではありません。エクスプローラーやフリーソフトなどは変更されますが、電卓などのストアアプリは変更されません。
36

チェックした部分に色が設定されます。

28 27

ダークモード

「既定の アプリ モード」から [ダーク] を選択して、ウィンドウの背景色をダークモードにできます。対応しているアプリだけ設定されます。

39
  • 目次
    • ウィンドウの色を変更する