Windows 10 スクリーンセーバーを起動する

はじめに

Windows10 でスクリーンセーバーを起動する方法を紹介します。

設定>個人用設定>ロック画面>スクリーンセーバー設定から、スクリーンセーバーを起動する設定にできます。

ショートカットファイルを作成してスクリーンセーバーを起動できます。

一定時間操作されないときにスクリーンセーバーを表示できます。他の人に画面を覗かれるのを防げます。

  • 目次
    • スクリーンセーバーを起動する
    • スクリーンセーバーのショートカット

スクリーンセーバーを起動する

[スタートボタン] をクリックして [設定] をクリックします。

start-setting

[個人用設定] をクリックします。

personal

[ロック画面] をクリックします。

9

[スクリーンセーバー設定] をクリックします。

10

[スクリーンセーバー] を選択し、[待ち時間] を入力して [OK] をクリックします。

[再開時にログオン画面に戻る] をチェックすると、スクリーンセーバーを解除した後にロック画面が表示されます。
6

待ち時間の間、何も操作されないとスクリーンセーバーが表示されます。

スクリーンセーバーが表示されているときにマウスやキーボードを操作すると解除されます。

スクリーンセーバーのショートカット

ロック画面は Win winkey + L キーを入力して表示できます。

スクリーンセーバーのショートカットファイルを作成して起動できます。ショートカットキーも設定できます。

エクスプローラーでC:\Windows\System32を開きます。

11

種類で並び替えするとスクリーンセーバーが見つかります。

12

これをデスクトップにショートカットを作成するなどして、実行するとすぐにスクリーンセーバーを表示できます。

スタートにピン留めすることはできません。

  • 目次
    • スクリーンセーバーを起動する
    • スクリーンセーバーのショートカット