Windows 10 タスクバーを自動的に隠す

はじめに

Windows10 でタスクバーを自動的に隠す方法を紹介します。

設定>個人用設定>タスクバーから、タスクバーを自動的に隠して非表示にできます。

タスクバーの上にマウスを移動して、いつでも表示できます。

  • 目次
    • タスクバーを自動的に隠す
    • タスクバーを小さくする

タスクバーを自動的に隠す

[タスクバー] を右クリックして [タスクバーの設定] をクリックします。

9

または [スタートボタン] をクリックして [設定] をクリックします。

start-setting

[個人用設定] をクリックします。

personal

[タスクバー] をクリックします。

11

[デスクトップ モードでタスクバーを自動的に隠す] と [タブレット モードでタスクバーを自動的に隠す] をオンにします。

6

タスクバーが非表示になります。

表示

タスクバーを表示するには

デスクトップモードなら、タスクバーが隠れている場所にマウスを移動させます。

タブレットモードなら、タスクバーが隠れている場所を指でスライドさせます。

7

タスクバーが表示されます。

8

タスクバーを小さくする

同じタスクバーの設定から [小さいタスクバーボタンを使う] をオンにします。

13

タスクバーに表示されているものがすべて小さくなり、高さも低くなります。

14
  • 目次
    • タスクバーを自動的に隠す
    • タスクバーを小さくする