Windows 10 タスクバーにクイック起動を表示する

はじめに

Windows10 でタスクバーにクイック起動を表示する方法を紹介します。

エクスプローラーにshell:quick launchを入力して Quick Launch (クイック起動) フォルダを開けます。

タスクバーを右クリックして [ツールバー] からクイック起動フォルダを表示でき、ランチャーのように使えるので、クイックランチャーとも呼ばれます。

タブレットモード時はサイズが自動で変更され、見た目がおかしくなるので表示しない方がいいです。

  • 目次
    • クイック起動を表示する
    • クイック起動に追加する
    • タブレットモードでクイック起動の表示

クイック起動を表示する

[タスクバー] を右クリックして [ツールバー] から [新規ツールバー] をクリックします。

11

フォルダーにshell:Quick Launchを入力して [フォルダーの選択] をクリックします。

2

タスクバーを固定しているときは、[タスクバー] を右クリックし [タスクバーを固定する] のチェックを外します。

14

クイック起動の左側をドラッグして幅を広げます。

4

[Quick Launch] の部分を右クリックして [ボタン名の表示]、[タイトルの表示]、[アイコンの大きさ] を好みの設定に変更します。

13

クイック起動はタスクバーのボタンの左側にドラッグして移動できます。

6

それ以外の場所には移動できません。

7

他のフォルダを表示

Quick Launch フォルダもただのフォルダです。同じように他のフォルダを選択して、それを表示できます。

クイック起動を非表示

[タスクバー] の部分を右クリックして [ツールバー] から [Quick Launch] のチェックを外します。

15

クイック起動が非表示になります。

クイック起動に追加する

クイック起動に追加したい [ファイル] や [フォルダ] をドラッグします。

8

クイック起動にショートカットが追加されます。

9

広いディスプレイならタスクバーのサイズを 2 段にすると使いやすくなると思います。

10

タブレットモードでクイック起動の表示

タブレットモードにするとタスクバーの配置が変更されるため、クイック起動の幅も自動で変更され使いづらくなります。タブレットモードをメインで使うのには向いていないです。その時はスタートメニューの使用をおすすめします。

  • 目次
    • クイック起動を表示する
    • クイック起動に追加する
    • タブレットモードでクイック起動の表示