Windows 10 ブルーレイや DVD を再生する

はじめに

Windows10 でブルーレイや DVD を再生する方法を紹介します。

Leawo Blu-ray Player をインストールしてブルーレイや DVD を無料で再生できます。

Windows Media Player からは再生できなくなりました。

ブルーレイを再生するには、パソコンのグラフィックスボードとディスプレイとケーブルが HDCP に対応している必要があります。

  • 目次
    • HDCP とは
    • ブルーレイや DVD を再生する
    • DVD を再生する
    • ストアアプリや市販ソフトから再生する

HDCP とは

ブルーレイを再生するには、パソコンとディスプレイとそれをつなぐケーブルのすべてが HDCP に対応している必要があります。

パソコンやディスプレイも通常は HDCP に対応しています。購入したメーカーの仕様を確認してみてください。

ケーブルも HDMI など通常は対応しています。VGA が対応していません。

ブルーレイや DVD を再生する

Leawo Blu-ray Player」がブルーレイと DVD の両方を無料で再生できるフリーソフトです。日本語で利用できます。

インストーラーを実行したら [ライセンス契約に同意する] にチェックを入れて [インストール] をクリックするとインストールできます。

6
8

DVD を再生する

VLC メディアプレイヤー」や「GOM プレイヤー」も有名な再生ソフトです。どちらも DVD を再生できますが、ブルーレイは再生できません。

インストール中に余計なソフトやプラグインをインストールしないように注意してください。
2

VLC メディアプレイヤーについてはブルーレイを再生する方法があるようですが、そのために他のファイルをダウンロードして設定を変更するなど、慣れていない人には難しいと思います。

ストアアプリや市販ソフトから再生する

ストアアプリ

Windows Media Center が付属している Windows 7 Home Premium 以上と Windows 8 から Windows 10 にアップグレードした方は、期間限定で Windows DVD プレーヤーが Windows Update でインストールされます。期間がいつまでかは不明です。

それ以外の方はストアアプリから「Windows DVD プレイヤー」を有料でダウンロードできます。ただし、ブルーレイは再生できません。無料試用版があるみたいなので、それを試すのをおすすめします。

7

その他にもブルーレイや DVD を再生できるソフトが掲載されています。

市販ソフト

PowerDVD が有名なソフトです。DVD とブルーレイの両方を再生できます。値段が高いのと使いやすいかは人それぞれです。パソコン購入時に付属しているときもあります。

市販ソフトより高額ですが、PlayStation などの専用のプレイヤーを購入した方が、大画面のテレビで見れるのでおすすめです。

その他

「Windows ストア」や「Google Play」では DVD やブルーレイといった媒体ではなく、インターネットを使って再生できます。光回線など高速な通信が必要になりますが、インターネットで購入し再生するのが主流になっています。

  • 目次
    • HDCP とは
    • ブルーレイや DVD を再生する
    • DVD を再生する
    • ストアアプリや市販ソフトから再生する