Windows 11 ブルーレイの再生ソフト

はじめに

Windows 11Windows 10:選択

Windows11 から無料でブルーレイを再生するソフトを紹介します。

Leawo Blu-ray Player」をインストールしてブルーレイや DVD を無料で再生できます。

Windows の標準再生ソフトと言えば Windows Media Player ですが、ブルーレイや DVD の再生はできません。

ブルーレイを再生するには、パソコンとディスプレイとケーブルが HDCP に対応している必要があります。

  • 目次
    • ブルーレイの再生ソフト
    • ブルーレイを再生できないとき
    • DVD を再生する

ブルーレイの再生ソフト

Leawo Blu-ray Player」をインストールしてブルーレイと DVD の両方を無料で再生できます。日本語に対応しています。基本的に唯一の無料ソフトです。

ダウンロードしたら [インストーラー] を実行します。

1

インストールが完了したら [Leawo Blu-ray Player] を実行します。

2

「JRE (Java 実行環境) が検出されませんでした。」とメッセージが表示されたら [いいえ] をクリックします。

3

ブルーレイをセットしたら [ディスクを読込] をクリックしてブルーレイを再生できます。

4

PowerDVD

Power DVD」は有料ですが、エディションによってブルーレイを再生できます。

有名なソフトなのでパソコンを購入するとインストールされていることがあります。

ブルーレイを再生できないとき

ブルーレイを再生するには、パソコンとディスプレイとそれをつなぐケーブルのすべてが HDCP に対応している必要があります。

通常はパソコンもディスプレイも HDCP に対応しています。詳しくは購入したメーカーの仕様を確認してみてください。

ケーブルも HDMI、DisplayPort、DVI-D なら基本対応しています。VGA が対応していません。

DVD を再生する

DVD の再生ソフトは多くが無料です。

VLC メディアプレイヤー」や「GOM プレイヤー」が有名な再生ソフトです。日本語に対応しています。

インストール中に余計なプラグインやソフトをインストールしないように注意します。VLC ならプラグインのチェックを外します。 GOM プレイヤーなら同意しないをクリックします。
5

VLC メディアプレイヤーについてはブルーレイを再生する方法があるようですが、そのために複雑な設定が必要になるためここでは紹介しません。