Windows 10 IME の鍵マークはプライベートモード

はじめに

Windows10 で IME の鍵マークはプライベートモードが有効中であることを意味しています。

プライベートモード中に入力した文字列は履歴として保存されません。

プレゼンなどで他人に画面を見せるときに、入力履歴が誤って表示されないようにできます。

  • 目次
    • 鍵マークとは
    • 予測入力や予測候補とは
    • プライベートモード
    • 予測入力や予測候補を表示する
    • 入力履歴を削除する

鍵マークとは

IME に表示されている鍵マークはプライベートモードが有効であるのを示しています。

12

次の操作をしたときに、プライベートモードが有効中に入力した履歴がすべて削除されます。

履歴は予測入力や予測候補と呼ばれるところに表示されます。履歴が削除される前は、プライベートモードが有効中でも履歴が残り予測候補として表示されます。

プレゼンなどで他人に画面を表示するときに、入力履歴が残っているとまずいものが表示される可能性もあります。一度履歴をすべて削除してからプライベートモードにすることで、履歴を残さないようにできます。

ブラウザのシークレットモードやプライベートウィンドウでは、必ず IME のプライベートモードが有効になります。

予測入力や予測候補とは

予測入力や予測候補とは、入力した文字から何を入力しようとしているのか予測して候補を表示する機能です。これに加え、入力を確定した文字列が履歴に残ります。その履歴も候補に表示されます。

を入力したときに予測候補が表示されます。

8

あいと入力を確定します。

9

もう一度を入力すると、入力した履歴からあいが表示されます。

10

これは入力履歴が保存されているため候補に表示されます。

プライベートモード

プライベートモードを有効にするには [IME] を右クリックして [プライベートモード] から [有効] を選択します。ショートカットキーはCtrl + Shift + F10を入力してオンオフを切り替えられます。

11

有効になると IME に鍵マークが付きます。

12

もう一度同じ操作で無効にできます。

有効中に入力した内容も履歴に残り候補に表示されます。

10

一度無効にしたり、アクティブウィンドウを切り替えると有効中に入力した履歴は削除されます。

8

このように履歴を残したくないときにプライベートモードを使用します。

予測入力や予測候補を表示する

[IME] を右クリックして [設定] をクリックします。

1

[全般] をクリックします。

2

[予測候補が表示されるまでの文字数] を選択して [入力履歴を使用する] をオンにします。[システム辞書を使用する] をオンにすると決められた内容が候補に表示されます。

3

これで履歴が候補に表示されます。

13

入力履歴を削除する

個別に削除

削除したい候補から [X] をクリックします。

14

その履歴が削除されます。

すべて削除

[IME] を右クリックして [設定] をクリックします。

1

[学習と辞書] をクリックします。

5

[入力履歴の消去] をクリックします。

6

[OK] をクリックします。

7

すべての履歴が削除されます。

プライベートモードを有効にしただけでは履歴は削除されないため、予め履歴を削除しておくのをオススメします。

  • 目次
    • 鍵マークとは
    • 予測入力や予測候補とは
    • プライベートモード
    • 予測入力や予測候補を表示する
    • 入力履歴を削除する