Windows 11 シャットダウンのショートカット

はじめに

Windows 11Windows 10:選択

Windows11 でパソコンをシャットダウンや再起動するショートカットを紹介します。

ショートカットファイルに shutdown /s /hybrid /t 0 コマンドを入力して、シャットダウンできます。

シャットダウンや再起動のショートカットキーを作成できます。

次の順にキーボードを入力してシャットダウンや再起動ができます。

  • Win win11key + X , U , U :シャットダウン
  • Win win11key + X , U , R :再起動
  • 目次
    • シャットダウンのショートカット
    • シャットダウンのコマンド
    • その他のシャットダウンする方法

シャットダウンのショートカット

シャットダウンや再起動のショートカットファイルを作成して、それをショートカットキーから実行する方法を紹介します。

[デスクトップ] を右クリックして [新規作成] から [ショートカット] をクリックします。

1

次の [コマンド] を入力して [次へ] をクリックします。

  • シャットダウンshutdown /s /hybrid /t 0
  • 再起動shutdown /r /t 0
  • その他のコマンドについては下記の「シャットダウンのコマンド」をご覧ください。
2

好きな [名前] を入力して [完了] をクリックします。

3

作成されたショートカットを実行してシャットダウンや再起動ができます。

4

ショートカットキーを設定

作成した [ショートカット] を右クリックして [プロパティ] をクリックします。

5

ショートカットキーに Ctrl , Shift , Alt のどれかを押しながら [キー] を入力して [OK] をクリックします。

6

そのショートカットキーを入力してシャットダウンや再起動できます。

アイコンを設定

作成した [ショートカット] を右クリックして [プロパティ] をクリックします。

5

[アイコンの変更] をクリックします。

7

[OK] をクリックします。

8

一覧から [アイコン] を選択して [OK] をクリックします。

または [参照] からアイコンを選択します。インターネットから シャットダウン アイコン などで検索するといろいろ見つかります。画像を使用したいときは、拡張子 .ico にツールで変換します。

9

アイコンを変更できます。

10

シャットダウンのコマンド

操作 コマンド 補足
シャットダウンshutdown /s /hybrid /t 0高速スタートアップが無効のときは完全シャットダウンします。
完全シャットダウンshutdown /s /t 0
再起動shutdown /r /t 0
スリープpsshutdown.exeのパス /d /t 0 /accepteulapsshutdown.exe のダウンロードが必要です。
休止状態shutdown /h
ログオフ
サインアウト
shutdown /l
ロックrundll32 user32.dll,LockWorkStation

コマンドは主に次のものから実行できます。

  • エクスプローラー
  • ファイル名を指定して実行
  • コマンドプロンプト
  • ショートカット

それぞれで コマンド を入力し Enter キーを入力して実行できます。

エクスプローラーからシャットダウンするには、アドレスバーに shutdown /s /hybrid /t 0 を入力して Enter キーを入力します。

11

シャットダウンされます。

ファイル名を指定して実行は Win win11key + R キーを入力して開けます。
コマンドプロンプトを表示するには「コマンドプロンプトを起動する」をご覧ください。

高速スタートアップ

高速スタートアップを有効にするには「完全シャットダウンする方法」をご覧ください。

通常は既定で有効になっています。

スリープ

スリープは Windows のコマンドから実行できません。そこで Microsoft が提供している PsShutdown というツールを使用します。「PsShutdown」から [PsTools のダウンロード] をクリックしてダウンロードしたら解凍します。

ここでは Dドライブの PSTools フォルダに解凍します。そのときのコマンドは次のようになります。

D:\PSTools\psshutdown.exe /d /t 0 /accepteula

psshutdown.exe のパスを入力する必要があるので、ファイルの場所によってコマンドも変わります。

引数の /accepteula は、初めて使用したときに同意を求める画面を表示しないものです。なくても問題ありません。

その他のシャットダウンする方法

その他のシャットダウンや再起動する方法を紹介します。

  • キーボード
  • スタートメニュー
  • Alt + F4
  • Ctrl + Alt + Del
  • タイマー
  • 電源ボタン
  • ノートパソコンを閉じる
  • スライド

キーボード

次の順にキーボードを入力してシャットダウンや再起動ができます。

  • Win win11key + X , U , U :シャットダウン
  • Win win11key + X , U , R :再起動

[スタートボタン] を右クリックし、[シャットダウンまたはサインアウト] から [シャットダウン] をクリックします。

12

スタートメニュー

[スタートボタン] をクリックし、[電源] をクリックして [シャットダウン] をクリックします。

13

Alt + F4

[デスクトップ] をクリックまたは Win winkey + D キーを入力し、Alt + F4 キーを入力して [Enter] キーを入力してシャットダウンできます。

14

Ctrl + Alt + Del

Ctrl + Alt + Delete キーを入力します。[電源] アイコンをクリックして [シャットダウン] をクリックします。

15

タイマー

タイマーを設定して 10 分後や指定時刻になったらシャットダウンできます。

詳しくは「タイマーから自動シャットダウンする」をご覧ください。

電源ボタン

パソコンの電源ボタンを押したらシャットダウンできます。

詳しくは「ノートパソコンを閉じてスリープする」をご覧ください。

ノートパソコンを閉じる

ノートパソコンを閉じたときにスリープできます。

詳しくは「ノートパソコンを閉じてスリープする」をご覧ください。

スライド

検索から slidetoshutdown と入力して [slidetoshutdown] をクリックします。

16

[画面] を下方向にドラッグ (スライド) するとシャットダウンできます。上にドラッグ (スライド) するとキャンセルできます。

17