Windows 11 タスクバーの位置やサイズを変更する

はじめに

Windows 11Windows 10:選択

Windows11 でタスクバーの位置を変更する方法を紹介します。

タスクバーの位置を変更することはできません。レジストリを編集して移動することはできます。

タスクバーのサイズやアイコンを大きくしたり、小さくしたりはできません。常に固定されます。

設定 > 個人用設定 > タスクバー > タスクバーの動作 から、すべてのディスプレイにタスクバーを表示できます。

「ExplorerPatcher」というツールを使用して、タスクバーを Windows 10 と同様にできます。動作確認はしていないためここでは紹介しません。
  • 目次
    • タスクバーの位置を変更する
    • タスクバーのサイズを変更する
    • すべてのディスプレイにタスクバーを表示する

タスクバーの位置を変更する

タスクバーの位置を上下左右に移動することはできません。常に下で固定です。

上下左右に表示

ただし、レジストリを変更して上下左右に表示することは可能です。正常に動作しない可能性があります。

この設定をするにはレジストリを編集する必要があります。レジストリを誤って編集すると Windows の動作に問題が発生するため、それに対処できる方のみ行ってください。

[検索] をクリックし regedit と入力して [レジストリエディター] をクリックします。

6

アドレスバーに次の [パス] を入力して Enter キーを入力します。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\StuckRects3
3

[Settings] をダブルクリックするか、右クリックから [修正] をクリックします。

4

次の位置にある 03 をクリックし Delete キーを入力してから、次の値を入力して [OK] をクリックします。

  • 00:左に表示
  • 01:上に表示
  • 02:右に表示
  • 03:下に表示 (既定値)
5

Windows を再起動するとタスクバーの位置が変更されているはずです。ただし、左右に表示したときはアプリが表示されなくなるなどバグがあるため、公式に対応されるまで変更しない方がいいです。

元に戻すには 03 を入力します。

タスクバーのサイズを変更する

タスクバーを小さくしたり大きくしたりはできません。常にサイズは固定です。

そのためアイコンのサイズも固定です。

すべてのディスプレイにタスクバーを表示する

[スタートボタン] をクリックして [設定] をクリックします。または Win win11key + I キーを入力します。

start-setting

[個人用設定] をクリックします。

s-personal

[タスクバー] をクリックします。

デスクトップ上の [タスクバー] を右クリックして [タスクバーの設定] をクリックしても同じ画面を表示できます。
1

[タスクバーの動作] をクリックし [タスクバーをすべてのディスプレイに表示する] をチェックします。

アプリもすべてのディスプレイに表示するなら [複数のディスプレイを使用する場合にタスクバーアプリを表示する場所] から [すべてのタスクバー] を選択します。

2

すべてのディスプレイにタスクバーが表示されます。